スマホ版MT4のチャートの見方をカンタン解説!注文方法もラクに

ここではスマホ版MT4のチャートの見方についてカンタンに解説しています。

スマホ版MT4は無料で使えるチャートアプリです。

スマホ版MT4のチャートの見方は誰でもすぐ覚えられるので初心者におすすめです。

\おすすめ記事/

スマホ版MT4とは?

スマホでチャート分析

スマホ版MT4とは、PC版MT4のスマホアプリ版です。
≫MT4に関する記事はこちら

スマホ版MT4はPC版MT4と連携できます。

ただし、スマホ版だとさまざまな制限があります。

スマホとPCで連携できるのは注文決済のみ?

MT4は、基本的にはPC版をメインに使用するのがおすすめです。

スマホ版とPC版MT4で連携できるのは、注文状況が共有されている点のみです。

 たとえば、PC版での注文はスマホ版でも確認でき、スマホ版で決済することもできます。

逆に、スマホ版で注文してPC版で決済することもできます。

チャートの見方については、見るべきポイントは同じなのでPC版MT4と同様の使い方はできます。

スマホでもチャート分析で最強なのはMT4!

MT4は、世界シェアNo.1のチャート分析ソフトです。

なぜ人気なのかというと、

  • 使いやすさ
  • 見やすさ
  • カスタマイズ性

どれをとっても優秀であるためです。

スマホ版MT4はカスタマイズ性は大きく劣るものの、使いやすさと見やすさは圧倒的です。

スマホ版MT4は、完全無料でデモトレードも!

スマホ版MT4デモ口座開設
スマホ版MT4は、スマホさえあればすぐに始めることができます。

しかも、

  • ダウンロードが無料
  • デモトレードも面倒な手続きが不要

です。

ダウンロードやデモトレードも無料なので、スマホ版MT4はFX初心者に優しいFXアプリです。

スマホアプリ版MT4のチャートの見方とは?

FXのチャート

スマホアプリ版MT4のチャート画面の見方について説明します。

基本的なチャート画面の見方

スマホアプリ版MT4の基本的なチャートの見方です。

スマホ版MT4チャート画面
画面下の「チャート」を選ぶと左のチャート画面になります。
スマホ版MT4のチャートの見方「価格」
価格です。
スマホ版MT4のチャートの見方「出来高」
出来高です。
スマホ版MT4では出来高は標準で表示されます。
スマホ版MT4のチャートの見方「現在の買いと売り」
現在の価格です。
スプレッド差があるため買いと売りがそれぞれ表示されています。
スマホ版MT4のチャートの見方「上部表示」
上部表示されているのは現在の、
通貨ペア、時間足、始値、終値、安値、高値、出来高です。
スマホ版MT4のチャートの見方「上部メニュー」

上部メニュー

  • 時間足の変更(1番左)
  • 詳細表示(左から2番目)
  • インジケーター(左から3番目)
  • 分析ツール(左から4番目)
  • トレード(一番右)

チャートアプリの見方「注文方法」

スマホアプリ版のMT4は、注文も直感的に操作できるのですぐに使い方を覚えられます。

 注文はトレードを選んでロット数を変更し、売り注文か買い注文かを選択するだけ。

注文方法はいたってシンプルです。

はじめに右上の「トレード」を選択。
ストップロスで損切ポイント、テイクプロフィットで利確ポイントを決められます。

必要に応じて損切りや利確設定も行えます。(注文後でも変更可能。)

 あとは赤色の成行売りか青色の成行買いを選ぶだけ!

チャートアプリの見方「インジケーター」

スマホアプリ版MT4でできるチャート分析は幅広いです。

スマホ版MT4のチャートの見方「f」
「f」のマークをタップするとインジケーターを選択できます。

もちろんPC版MT4よりもできるチャート分析は少ないです。

 しかしスマホアプリだけでも十分チャート分析可能なインジケーターは備わっています。

たとえばチャート分析で特に人気のインジケーターである、

など基本的なインジケーターはひととおり揃っています。

スマホアプリ版MT4の使えるインジケーター①
スマホアプリ版MT4の使えるインジケーター②
スマホアプリ版MT4の使えるインジケーター③
スマホアプリ版MT4の使えるインジケーター④

チャートの見方「移動平均線」

スマホアプリ版MT4の移動平均線について説明します。

スマホアプリ版MT4のチャートの見方「移動平均線」
移動平均線の設定画面です。
スマホアプリ版MT4のチャートの見方「移動平均線」②
移動平均線が表示されました。

MT4スマホアプリを使うならどのFX口座がおすすめ?

スマホで取引する女性

MT4のスマホアプリを使ってトレードするならどこのFX口座がいいのでしょうか?

がおすすめです。
≫海外FXと国内FXの違いに関する記事はこちら

スキャルピングをするなら下記記事でおすすめ口座について解説しています。

新着記事