ボリンジャーバンドとは?FX初心者向けに使い方をやさしく解説

「ボリンジャーバンド」というインジケーターをご存知の方も多いことでしょう。

ジョン・A・ボリンジャーという方が1980年代に考案した比較的新しいテクニカル指標です。

このボリンジャーバンドは、世界中のトレーダーたちに愛用されています。ボリンジャーバンドは「ボラティリティ(変動幅」に注目して、相場を分析するテクニカル指標です。

しかし、教科書通りに取引するだけでは当然勝つことはできません。テクニカル指標を使いこなすためには、テクニカル指標そのものをしっかり理解する必要があります。

今回は、FX初心者の方にも分かりやすくボリンジャーバンドの基本と使い方をお伝えします。

FX初心者はボリンジャーバンドを理解して使い方をマスターしよう

「偏差値」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

学校などの難易度を表すときに「偏差値~」と示されています。

偏差値50が学生全体の平均で、難易度が高くなるほど偏差値が高くなっていきます。

偏差値は、全体の平均からどれほど離れているかを数値化したものです。

平均よりも高くなれば、偏差値50以上の値となります。逆に平均よりも低いと偏差値50以下となります。

実は、この偏差値の計算とボリンジャーバンドは同じ計算式で表すことができます。下記の図は標準偏差を客観的に表した図です。

平均が50に設定されて、平均からどれだけ離れているかを数値化したものが「偏差値」です。(下記図1参照)

図1:偏差値とボリンジャーバンド の対応関係

  • 偏差値60~40 = -1σ ~ +1σ (確率68.2%)
  • 偏差値70~30 = -2σ ~ +2σ (確率95.4%)
図2:ボリンジャーバンド図解

 

ボリンジャーバンドは、上記の図にあるように平均からどれだけ離れているか標準偏差を用いて表したテクニカル指標です。

中心線(ミドルバンド)とは?

価格の平均線を「中心線(ミドルバンド)」といいます。

このミドルバンドには、20日単純移動平均線が使われることが一般的です。

(※各FX会社により基本数値は異なります)

単純に平均線から乖離した線ではなく、ボラティリティを考慮に入れて表示されます。

ボラティリティとは相場の変動がどれほど激しいかを表します。

例えば、指標発表や突発的な要人発言、事件が起きた時は相場の変動幅が大きくなります。

この状態を「ボラティリティが大きい」といいます。

相場が大きく動くときはバンドの幅も大きくなり、ほとんど動かないときはバンド幅も小さくなります。

ボリンジャーバンドはこの「ボラティリティ(変動幅)」を考慮に入れているので、どんな時でも客観的に相場を分析することができます。

95.4%の相場は-2σ~+2σを行き来する

図1にもあるように、ほとんどの相場は-~+の間を動きます。

偏差値で考えると、偏差値40~60となります。

そして-2σ~+2σの間になる確率は95.4%となります。

9割以上の相場は-の間を動くということが分かります。

大学の偏差値70以上というと医学部、東大、京大などです。

優秀な人しか入れませんよね。

相場が+2σより外に推移することは、極めて少ないということが分かると思います。

-2σ以下になる確率も同様です。

ここまでボリンジャーバンドの基本的な解説をしてきました。

次に、実際の取引でボリンジャーバンドをどのように使用するのか説明していきます。

FX初心者へわかりやすくボリンジャーバンドの使い方を伝授

ボリンジャーバンドの逆張りとしての使用方法

日本のトレーダーで一般的に使われているのが「逆張り」の取引方法です。

逆張りとは、相場の流れと反対の方向に売買する手法を指しています。

先述した通り、統計学では、相場の9割は-2σ~+2σの間を推移します。

その性質を利用して、逆張りの取引をすることができます。

ボリンジャーバンドの±2σに近づいてきたらそろそろ反発するかもと考えることができます。

逆張りは、トレンドがないレンジ取引の際に有効なトレード手法です。

  • にタッチ・・売り(買われすぎ)
  • にタッチ・・買い(売られすぎ)

ボリンジャーバンドの順張りの取引方法・・・開発者ジョン・ボリンジャー氏推奨

統計学では9割以上の相場が-2σ~+2σの間を推移します。

トレンドが発生している場合は順張りの取引方法が有効です。

上昇トレンドの場合は、中心線と+2σの間を推移しながら上昇していきます。

下落トレンドの場合は、中心線と-2σの間を推移しながら下落していきます。

日本では上記の「逆張り」が主流です。

しかし、開発者のジョン・ボリンジャー氏は順張りでのボリンジャーバンドの使用を強く推奨しています。

  • 上昇トレンド・・中心線で買い、+2σで決済。
  • 下落トレンド・・中心線で売り、-2σで決済。

FX初心者はボリンジャーバンドの使い方をマスターするべき!

解説には、聞きなれない言葉がたくさん出てきました。

ボリンジャーバンドを簡単にまとめると、学生の頃よく聞いた「偏差値」をチャートに線にした図です。

このように考えると親近感がわいてきますね。

ボリンジャーバンドは、世界中のトレーダーが売買の参考にしているテクニカル指標です。

実際のボリンジャーバンドをぜひご覧になって、本当に±2σ以内に価格が収まっているのか確認してみてください。

理論通りには、相場は動かないということを知ることができます。

確率に過度な期待をせず、相場に合わせて使用することが大切です。

また、ジョン・ボリンジャー氏のボリンジャーバンドについての書籍(邦訳)を刊行しているのでぜひ読んでみてください。

新着記事