最強ボリンジャーバンドは偏差値を表す?

「ボリンジャーバンド」というインジケーターをご存知の方も多いことでしょう。

トレンド相場やレンジ相場にも対応できボラティリティ―も判断できる、まさに最強のインジケーター。

ここでは、最強インジケーターであるボリンジャーバンドの基本と使い方をやさしく解説します。

ボリンジャーバンドは偏差値を表している?

大学へ通学する女性

最強インジケーターともいわれるボリンジャーバンドの秘密は、偏差値を表していることです。

「偏差値」という言葉は一度は耳にしたことがあるでしょう。

偏差値について

学校などの難易度を表すときに「偏差値~」と示されます。

偏差値50が学生全体の平均で、難易度が高くなるほど偏差値が高くなっていきます。

偏差値は、全体の平均からどれほど離れているかを数値化したものです。

平均よりも高くなれば、偏差値50以上の値となります。

逆に平均よりも低いと偏差値50以下となります。

実は、この偏差値の計算とボリンジャーバンドは同じ計算式で表すことができます。

下記の図は標準偏差を客観的に表した図です。

平均が50に設定されて、平均からどれだけ離れているかを数値化したものが「偏差値=σ(シグマ)」です。(下記図1参照)

偏差値とボリンジャーバンド の対応関係

図1:偏差値とボリンジャーバンド の対応関係

  • 偏差値40~60= -1σ ~ +1σ (確率68.2%)
  • 偏差値30~70= -2σ ~ +2σ (確率95.4%)
ボリンジャーバンド図解
図2:ボリンジャーバンド図解

 

ボリンジャーバンドは、平均からどれだけ離れているか標準偏差を用いて表したインジケーターです。(上記図2参照)

中心線(ミドルバンド)とは?

中心線

ボリンジャーバンドの価格の平均線を「中心線(ミドルバンド)」といいます。

このミドルバンドは、20日単純移動平均線が基本数値として使われることが一般的です。

 使用するチャートアプリにより基本数値は異なります

ボリンジャーバンドのσ(シグマ)はボラティリティ―を表す

σ線は単純に中心線から乖離した線ではなく、ボラティリティを考慮に入れて表示されます。

ボラティリティとは相場の変動がどれほど激しいかを表します。

例えば、指標発表や突発的な要人発言、事件が起きた時は相場の変動幅が大きくなります。

この状態を「ボラティリティが大きい」といいます。

相場が大きく動くときはバンドの幅も大きくなり、ほとんど動かないときはバンド幅も小さくなります。

ボリンジャーバンドは「ボラティリティ(変動幅)」を考慮に入れているので、どんな時でも客観的に相場を分析することができます。

95.4%の相場は-2σ~+2σを行き来する

ボリンジャーバンド

図1にもあるように、68.2%の相場は-1σ~+1σの間を動きます。

偏差値で考えると、偏差値40~60となります。

そして-2σ~+2σの間になる確率は95.4%となります。

9割以上の相場は-2σ~2σの間を動くということが分かります。

これは偏差値でいうと70以上に値し、大学なら東京大学、京都大学などを想像されるでしょう。

相場が+2σより外に推移することは、極めて少ないということがわかります。

なお、-2σ以下になる確率も同様です。

つぎは、実際の取引でボリンジャーバンドをどのように使用するのか説明していきます。

最強ボリンジャーバンドの使い方とは?

FXチャート

ここから最強ボリンジャーバンドの使い方の説明をします。

ボリンジャーバンドの逆張りとしての使い方

日本人トレーダーのボリンジャーバンドの使い方で多いのは「逆張り」による取引方法です。

逆張りは、相場の流れと反対の方向に売買する手法です。

先述した通り、統計上では相場の9割は-2σ~+2σの間を推移します。

その性質を利用して、逆張りの取引をすることができます。

ボリンジャーバンドの±2σに近づいてきたらそろそろ反発するかもと考えることができます。

逆張りは、トレンドがないレンジ取引の際に有効なトレード手法です

  • +2σにタッチ・・売り(買われすぎ)
  • -2σにタッチ・・買い(売られすぎ)
さらに3σ・-3σだと…?

さらに3σ・-3σの間なら99%収束するといわれています。

逆張りの精度を上げるなら、3σ・-3σもおすすめです。

ボリンジャーバンドの順張りの取引方法

ボリンジャーバンドの本来の使い方は順張りです。

これは開発であるジョン・ボリンジャー氏も明言しています。

統計学では9割以上の相場が-2σ~+2σの間を推移します。

トレンドが発生している場合は順張りの取引方法が有効です。

  • 上昇トレンド
    中心線と+2σの間を推移しながら上昇
  • 下降トレンド
    中心線と-2σの間を推移しながら下落
グランビルの法則を応用した手法

上昇トレンド…中心線で買い、+2σで決済。

下落トレンド…中心線で売り、-2σで決済。

チェックグランビルには8つの法則が?移動平均線はすごく大事!

最強ボリンジャーバンドのすごさを体感せよ!

キレイな夕日

ボリンジャーバンドを簡単にまとめると、学生の頃よく聞いた「偏差値」をチャートに線にした図です。

ボリンジャーバンドは、世界中のトレーダーが売買の参考にしているインジケーターです。

実際のボリンジャーバンドをぜひご覧になってください。

本当に±2σ以内に価格が収まっているのか確認してみましょう。

確率に過度な期待をせず、相場に合わせて使用することが大切です。

ジョン・ボリンジャー氏のボリンジャーバンドについての書籍(邦訳)も刊行しているのでぜひ読んでみてください。

ボリンジャーバンドのおすすめ本

ボリンジャーバンドは、ジョン・A・ボリンジャー氏が1980年代に考案した比較的新しいインジケーターです。

このボリンジャーバンドは、世界中のトレーダーたちに愛用されています。

テクニカル指標を使いこなすためには、テクニカル指標そのものをしっかり理解する必要があります。

ボリンジャーバンド入門
ボリンジャーバンド入門

新着記事