一目均衡表の使い方とは?最強時短FXトレード手法!

一目均衡表は日本人が考案した世界に誇るテクニカル指標(インジケーター)です。

その名の通り、一目で相場の状況が把握できるというものです。

一目均衡表は、相場分析に加え、エントリーや決済のサインとしても機能する優秀な指標として多くのトレーダーが活用しています。

一目均衡表は5本の線によって構成されますが、その使い方について見ていきましょう。

一目均衡表の5の使い方とは

一目均衡表は5本の線から構成されており、線どうし、あるいは価格との組み合わせで使います。

相場の勢いや方向性を判定することが可能となり、エントリーのサインとすることもできます。

これから、どのように見ていくのか解説いたします。

一目均衡表の基準線と転換線の使い方

基準線と転換線の位置関係で相場の方向性を見ることができます。

基準線は中期的な方向性を示すため比較的ゆるやかに動き、転換線は短期的な方向性を示すためよく動くことが特徴です。

転換線が基準線よりも上にある状態は上昇が優位にあり、逆であれば下降が優位と見ます。

一目均衡表の先行スパン1と先行スパン2の使い方

先行スパン12に挟まれた部分を「雲」と呼び、強い抵抗帯として捉えることが一般的な解釈となります。

「雲」の上に価格がある場合は上昇優位で、「雲」の下に価格がある場合は下降優位です。

価格が「雲」に跳ね返されることや、「雲」の中に入るともみ合い、抜けると強いトレンドが出やすいです。

このように、多くのトレーダーが意識するポイントとして機能することが多くなります。

一目均衡表の遅行スパンの使い方

遅行スパンは、ロウソク足の終値を26本分過去に移動して描画した線です。

ロウソク足よりも遅行スパンが上側に位置している状態は上昇が優位、逆の場合は下降が優位と判断します。

一目均衡表で最も強力なトレンドのサインとは?

最も強いトレンドの発生として重要視されているものに三役好転三役逆転があります。

これらが出現した相場は強気であると判断することができ、エントリーのサインとすることもできます。

その条件は以下の通りです。

三役好転

  1. 転換線が基準線を上抜く
  2. 遅行スパンが価格を上抜く
  3. 価格が雲を上抜く

三役逆転

  1. 転換線が基準線を下抜く
  2. 遅行スパンが価格を下抜く
  3. 価格が雲を下抜く

一目均衡表の使い方まとめ

一目均衡表は一目で相場状況がわかるという点が強みのテクニカル指標(インジケーター)です。

価格と5本の線との位置関係で相場が上昇と下降のどちらが優位な状況にあるか簡単に判定することができます。

また三役好転と三役逆転の発生における相場は非常に強気であるいう点も、わかりやすい展開です。

ただし、一目均衡表が示すサインに従っていれば必ず勝てるというわけではないということは理解しておく必要があるでしょう。

重要なことは相場における大きな流れを認識することと、トレンドとレンジを見極めることです。

レンジのなかでは一目均衡表も機能しないことが圧倒的に多くなります。

戦略として有効なのは、上位足で方向性を探ったうえで、その方向へのエントリーを方針とします。

そこからトレンドの発生を見極めて一目均衡表を使ってエントリーの根拠を積み上げるということになるでしょう。

もちろん上位足分析やトレンド判定に一目均衡表を使うことも効果的です。

時間のないトレーダーの方は、一目で判断できる便利な一目均衡表をぜひお試しください。

新着記事