国内業者と海外業者の決定的な違いを比較!実際おすすめなのはどれ?

FXでは国内業者と海外業者が存在するということを知っている人は多いはず。

それでも初心者の人はどの口座で開設するかどうか迷う場合も多いことでしょう。

特に海外業者についてはネガティブなイメージしかないのではないでしょうか。

そこで、国内業者と海外業者について比較しました。

どのような人に国内業者がおすすめなのか、どのような人に海外業者がおすすめなのかを説明していきます。

国内業者と海外業者について比較

FXの国内業者と海外業者について比較しました。

 国内業者海外業者
口座開設のしやすさ面倒・時間がかかる簡単・最短1時間
郵便物ありなし
最低証拠金維持率50%20%
ゼロカットなしあり
レバレッジ最大25倍少なくとも100倍以上
入出金のしやすさ簡単時間がかかる
税率一律約20%15~55%
信用度高い(金融庁に認可されている)低い(認可されていないが、違法ではない)
デメリット小額で大きく稼げないスプレッドが広い
リスク強制ロスカットされやすい出金時、銀行口座で拒否される可能性ある

これから上記について説明していきます。

国内業者の大きなメリットは2つ

国内業者の大きなメリットとしては2つあります。

信用性が高いこと、税率が一定であることです。

国内業者は信用性が高い

信用性が高いということは、わかりやすくいえば利益を得た場合の出金が保証されるということです。

安心して取り引きができるため、比較的メンタルにかかる負荷が少ないといえます。

ただし、FXで利益を出せるかどうかとはまた別問題です。

海外業者の場合、出金の保証はありませんので、信用できる業者を選ぶ必要があります。

国内業者を使うと税率が一定

国内業者を使って利益を得ると、分離課税が適用できます。

すると税率が一律20.315%となり、いくら儲かっても約20%分の税金しか支払わなくてもよくなります。

逆に海外業者の場合、たくさん儲かると損をします。

チェックFXの税金の仕組みとは?国内と海外口座を比較してみた

海外業者の大きなメリットは3つ

海外業者の大きなメリットは3つあります。

口座開設のしやすさ、高いレバレッジ、借金のリスクがないということです。

海外業者は口座開設がしやすい?

海外業者は口座開設がとても簡単です。

申込みフォームに必要情報を記入し、身分証明書を撮影して送るのみです。

もちろん有名な海外業者は日本語対応です。

国内業者の場合、上記の他に審査があり、さらに郵便物が届きます。
(郵便物が届くまでは少なくとも最低2日はかかるため、時間がかかる。)

海外業者はレバレッジが高い

海外業者はレバレッジが高いです。

高いレバレッジはリスクが高くなる、と思いこんでいる方が多いですが、実はそうではありません。

レバレッジが高いほど、証拠金が少なくなるということになります。

ただし、証拠金が少なくなった分はロット数を増やすことができてしまうので、ロット数を増やしすぎるとリスクが高くなるということになります。

つまり、レバレッジが高いと取り引きの幅が増えます。

安全に取り引きしたい場合はロット数を少なく、たくさん利益を得たい場合はロット数を増やすということができます。

海外業者は借金のリスクがない?

海外業者を使うと、借金を背負うリスクはありません。

つまりどういうことかというと、海外業者では残高が0円を下回ることはありません。

0円になった瞬間にロスカットとなり、取り引きがストップします。

これをゼロカットといいますが、国内業者にはこのようなシステムはありません。

つまり一撃で大きく相場が沈んでしまった場合、国内業者の場合は借金を背負うリスクが生じます。

国内業者はどんな人におすすめ?

では国内業者はどんな人におすすめなのでしょうか。

国内業者はこんな人におすすめです。

  • 口座手続きが面倒でも問題ない人
  • 500万円以上のまとまった資金を運用できる人

上記に当てはまる人は国内業者がおすすめです。

郵便物が届いても全く問題ない人は国内業者でもいいでしょう。

また、資金が少ないと大した利益になりませんので、資金があまりにも少ない人に国内業者は向いていません。

チェックMT4対応FX会社スプレッド比較ランキング!おすすめは最小のFXTFだ!

海外業者はどんな人におすすめ?

海外業者はこんな人におすすめです。

  • 面倒な口座開設手続きを避けたい人
  • 運用資金が500万円未満と少なめな人

上記に当てはまる人は海外業者がおすすめです。

海外業者は郵便物が一切届きませんので、家族にバレたくない人におすすめです。

また、海外業者だと小額でも大きく資産を増やせる可能性があるので、資産が少なめの人におすすめです。

初心者の人は、はじめに10~50万円程度の資産を海外業者で運用し、500万円ほどまで資産が増えたら国内業者に乗り換えたらいいかもしれません。

チェック海外口座は初心者にこそおすすめ!意外に驚く7つのメリットとは?

結論!自身の状況によって選ぶ

国内業者と海外業者のどっちがおすすめなのかについて結論ですが、自分の状況によって選ぶのがベストです。

運用資産が500万以上あるか?家族にバレても問題ないか?が大きな分かれ目になるのではないかと考えられます。

仮にもし両方イエスであった場合は、迷わず国内業者を選ぶべきです。

やはり海外業者は出金時のリスクがつきまといます。
(正確には海外業者の信用というよりは、受け取り銀行が拒否するリスク。)

最近ではマネーロンダリング不正防止のため、受け取り銀行が入金を拒否するケースもあるようです。

時代によって状況は常に変化しますので、情報収集は日々続けて行きましょう。

新着記事