XMのメリットデメリットとは?ボーナス手厚くはじめてのFXに最適

海外FX口座といえば、XMを連想される人が多いかもしれません。

しかし、海外FX口座特有のメリットデメリットはやはりあります。

ここではXMのメリットデメリットについて解説していきます。

XMトレーディングとは?

XMロゴ

XMトレーディングは、海外FXで人気ナンバーワンの口座です。

億トレーダーや億り人と呼ばれる敏腕トレーダーも使っている海外FX口座で、知名度はかなり高いことが特徴です。

そんなXMのメリットデメリットについて解説していきます。

XMのメリットとは?

XMのメリットとは?

XMのメリットを3つ紹介します。

  • 豊富なボーナスプログラム
  • 海外FX会社で口座開設数No1
  • 豊富すぎる取扱い銘柄

ではXMのメリットについて解説します。

豊富なボーナスプログラム

XM最大のメリットは、豊富なボーナスプログラムが魅力的なことです。

特にスタンダード口座で口座開設するとキャッシュバックをたくさんもらえるのは大きなメリットです。

  • 口座開設キャッシュバック5000円
  • 50%キャッシュバック
  • 100%キャッシュバック

XMは、低コストで初心者が気軽にはじめられる海外FX口座です。

海外FX口座で口座開設数No1

XMは、海外FX口座のなかでもダントツの取り引き実績を誇っています。

もちろん口座開設サイトでは日本語にも対応しています。

入出金で大きなトラブルになったという事例も少ないため、他の海外FX口座よりも比較的安心です。

豊富すぎる取扱い銘柄

XMの取扱い銘柄は、豊富すぎるほど非常に多いです。

たとえば国内FX口座なら、多くても30種類程度です。

しかしXMなら、90種類以上もの取扱い銘柄があります。

なぜならXMではCFD取引もできるからです。

XMのCFD取引では、変動が大きい原油や金といった先物取引も可能です。

 変動が大きい銘柄はリターンも大きいですが、リスクも大きくなります。

XMのデメリットとは?

XMのデメリットとは?

XMのデメリットについて解説します。

スキャルピングは不向き?

XMのデメリットとして、スキャルピングが不向きであることがいえます。

XMではスキャルピングは公式に認めています。

しかし、XMではストップレベルの制限があります。

たとえば、USDJPYの通貨ペアでは5pips以上離さないと逆指値を設定することができません。

スキャルピングで売買していくにはやや不利な条件です。

入出金手続きがやや面倒

XM特有のデメリットは、入出金の手続きがやや面倒であることです。

たとえば、国内のFX口座にはクィック入出金があります。

入金後1時間以内に口座に反映させたり、遅くても翌営業日に出金することが可能です。

しかし、XMでは入出金に少し時間がかかることがデメリットです。

早ければ1~2日で入金できますが、入金確認が遅れたら1週間くらいかかることもあります。

その他のデメリットとしては、一般的によくいわれる海外FX口座のデメリットと同じであることがいえます。

チェック海外FX口座のデメリットとは?

XMはTari Tali(タリタリ)を使うと勝ちやすい?

タリタリキャッシュバックがおトク

XMは、キャッシュバックサイトであるタリタリを使って口座開設するのがおすすめです。

タリタリを使って口座開設すると、取引あたりのロット数に応じてキャッシュバックがもらえることが大きなメリットです。

逆にタリタリを使って口座開設しないと損をしてしまいます。

新着記事