ダウ理論とは?明確なシグナルの見極め方をわかりやすく解説

FXを始めた方なら誰もが耳にするダウ理論。

しかし、法則がわかっていてもどう使えば良いかわからない方も多いことでしょう。

ダウ理論はトレンド転換を見極めるのに最も有効な理論です。

そこでダウ理論の基本法則6つと明確なシグナルをわかりやすく解説していきます。

ダウ理論とは?明確なシグナルは見極められるの?

ダウ理論とは?

ダウ理論は相場を見る上で最も重要で、トレンド転換を見極めるもっともオーソドックスな手法です。

全てのFXトレーダーの知識に叩き込まれている基本中の基本といっても過言ではありません。

ダウ理論の誕生は、チャールズ・ダウ氏が1900年代にアメリカの鉄道業界の株価を分析するためにダウ工業株平均を考案し、それを分析する方法として提唱されました。

チャールズ・ダウ氏

トレンド転換を見極める基本となるのはダウ理論

ダウ理論は今日の相場でも崩れることなくトレンド転換を見極める方法の基本的考え方として利用され続けています。

このダウ理論を用いてトレンド転換を見極めるというのがFXトレードの基本的手法です。

トレンドを見極めるためのダウ理論6つの基本的法則

まず簡単に、基本となるトレンド転換を見極めるための「ダウ理論6つの基本的法則」を紹介します。

ダウ理論6つの基本的法則
  • 平均はすべての事象を織り込む
  • トレンドには(主要・2次・小トレンドの)3種類ある
  • 主要トレンドは(先行期・追随期・利食い期の)3段階からなる
  • 価格の平均は相互に確認されなければならない
  • トレンドは出来高でも確認されなければならない
  • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

ここで1番重要なのが「トレンドは明白な転換シグナルが発生するまでは継続する」です。

つまり、トレンド転換シグナルを把握することがダウ理論をうまく使いこなすコツです・

FXの基本はトレンド転換を把握し、トレンドにのったトレードを行うことです。

では、ダウ理論の基本的6つの法則を説明します。

平均は全ての事象を織り込む

相場は、あらゆる情報を全て反映された結果、値動きが出来上がっています。

情報がこれだけ出回る中、情報格差は現代ではほとんどなくなりました。

FXは、経済的な動向によって相場の値動きが大きく変動することも珍しくはありません。

リーマンショック、アメリカ大統領の「トランプ砲」など世界経済が大きく傾く際には相場が大きく変動します。

大暴落の前兆はチャートから読み取れる?

2019年1月2日、アップルショックと呼ばれる世界的な大暴落がありました。

米アップル社が売上高を下方修正したことによって、株価暴落が為替にも影響いたしました。

実はこのアップルショックもダウ理論で予測できました。

以下のチャートをご覧下さい。

これはアップルショックが起きた当時のドル円4時間足チャートです。

年末にかけ、ディセンディングトライアングルという三角保ち合いを形成しています。

このことにより、下降サインであるチャートパターンとアップルショックを関連づけることができます。

ファンダメンタルはチャートに表れる?

ファンダメンタルは、価格に反映されています。

例えば、リーマンショック、アップルショック、トランプ砲です。

かといって、チャート分析だけ見てればいいのか?というとそういうわけでもありません。

確かにチャートパターンで予測が可能ですが、予測精度は100%ではありません。

また、ある程度大きな値動きが起こるのはいつか?という時間がわかればエントリーするタイミングもつかみやすくなります。

トランプ大統領の一言で相場が大きく変動することが多いので、ファンダメンタル分析は抑えておいて損はありません。

トレンドには3種類のパターンがある

相場には3種類に分別されるトレンドがあるといわれています。

3種類のトレンドパターン
  1. 主要トレンド:期間は1年以上~数年間
  2. 二次トレンド:1年に満たない波動
  3. 小さなトレンド:短期的波動

主要トレンドは大きなトレンドで、方向感を示すともいわれています。

そして、主要トレンドの中で二次トレンドや小さなトレンドが上下しています。

二次トレンドや小さなトレンドが主要トレンドを作り出しているともいえるでしょう。

下記チャートはGBPUSDの日足チャートです。

数年程度の幅で下落トレンドが続いているのがわかりますが、その間数ヶ月間上昇している期間も有ります。

赤の矢印が主要トレンドに該当し、黄色の◯が二次トレンドとなります。

そして二次トレンドの中に小さなトレンドがあり、大きなトレンドの中にいろんな波動があることがわかります。

主要トレンドは3段階からなる

先ほどは大きなトレンドについて記載しましたが、そのトレンド波動の考え方を説明します。

トレンド波動の考え方
  1. 先行期:底と考えた投資家が早期の段階で仕掛けていくフェーズ
  2. 追随期:トレンドが明らかに出始め、ついてくる動きが続くフェーズ
  3. 利食期:先行期、追随期でポジションを取っていた投資家が利食いするフェーズ

この3つの相場の動きが各トレンドの波動を作り上げています。

それを示しているのが下記の画像から理解しやすいのでご覧ください。

日経平均の日足チャートです。 黄色の◯が先行期に該当します。

そしてそれ以降から白の◯が追随期で、最後の赤◯が利食期です。

平均は相互に確認される必要あり

ダウ理論では、「二つ以上の指標が同様の方向性を示していない限りサインとは呼べない」ということを示唆しています。

2つ以上の指標が同様の方向性を示していない場合はエントリーしないのが賢明です。

共通する2つ以上の通貨ペアで確認する

1つの通貨ペアでトレンドが発生した場合、関連する通貨ペアでも同期してトレンドが発生したら信頼性の高いトレンドであると判断できます。

これにより、ブレイクアウトがダマシかどうかなど、値動きのダマシを回避することもできます。

たとえば、以下のチャート画像はユーロドル、ユーロ円の全く同じ時間足のチャートです。

赤枠で示したトレンドは同じ時間に同じ方向に値動きしています。

これは何を意味するかというと、信頼性の高いトレンドであるということです。

この値動きがわかれば、簡単に30pips以上は利食いできることは見てとれます。

関連する通貨ペアの例
  • ドル円とユーロ円
  • ユーロドルとポンドドル
  • 豪ドルUSドルと豪ドル円

    トレンドとは出来高でも確認されなければいけない

    FXでいう出来高とは、取り引きボリュームのことをいいます。

    流動性が薄い状態でトレンドが出たように見えても、それはトレンドではありません。

    流動性の薄さが作り出したブレという判断になります。

    トレンド発生時は出来高が大きく増加したかどうかをチェックする必要があるということになります。

    しかし、ダウ理論で提唱する出来高は株価のことを指しており、実際にFXで確認することは難しいです。

    出来高を確認するインジケーターvolumes

    FXでは出来高を取引量=ボリューム(volume)と言い換えることができます。

    また、FXでは普通取引量を確認できませんが、取引量を確認するインジケーターがあります。

    それがMT4で使えるvolumesというインジケーターです。

    以下のチャート画像をご覧ください。

    チャート画像下のオシレーターインジケーターがvolumesです。

    緑がボリュームアップ、白がボリュームダウンを表します。

    ローソク足チャートで上昇トレンドが形成される前に、volumesでもボリュームアップの線が連続していることから取引量が増加していることがわかります。

    つまり、この上昇トレンドは信頼性が高いトレンドということがいえます。

    ただし、このインジケーターでは使用しているFX口座の取引量は把握できますが、世界中の取引量が反映されているわけではありません。

    明確な転換シグナルがでるまでトレンドは継続する

    ダウ理論の6つの基本法則で一番重要です。

    トレンドというのは一旦発生するとなかなか止まらないといわれています。

    そのため、トレンドが発生したサインを確認したらトレンドに乗ってトレードすることが吉ということになります。

    では、具体的にトレンドが終わったかどうかを確認する方法について説明します。

    トレンドが終わったかどうかを確認する方法

    トレンドが継続している判断は、

    1. 直近の高値を超える動きが継続している場合
    2. 高値を超えなかった場合は、トレンドが終了

    このようになります。

    たとえば、このチャート。

    高値を超えてトレンドが継続しているのがわかります。

    しかし利食期には高値を超えることが出来ずに、止まっています。

    明確な転換シグナルが出るまではトレンドが続きやすくなります。

    下記はドル円の2012年から2015年の日足チャートです。

    白塗り部分までトレンドは3年以上続いています。

    二番天井をつけた後、次に上昇した部分が高値越えをしていません。

    このことから、明確な転換シグナルが発生したことがわかります。

    これで一旦上昇トレンドが終了したとみなすことも出来ます。

    ダウ理論の明確な転換シグナルの見極め方

    ダウ理論は平均株価のチャート分析のために提唱されています。

    しかし、ダウ理論の中でも「明確な転換シグナルがでるまでトレンドが続く」という法則はFX為替チャートで最も有効な法則です。

    では先程紹介したダウ理論の「明確なトレンド転換シグナルがでるまでトレンドが続く」を使ってトレンド転換を見極める方法を紹介していきます。

    ダウ理論トレンド転換シグナルの見極め方

    ダウ理論トレンド転換シグナルには2つのポイントがあります。

    ダウ理論トレンド転換シグナルポイント
    4時間足
    ①日足や4時間足などの長い時間軸で真の安値か真の高値をブレイクした時
    5分足
    ②5分足や15分足などの短い時間軸で直近の安値か高値をブレイクした時

    上記のチャートをご覧いただくと、5分足で見た場合に、直近の高値を一旦ブレイクしてから下落するも、また再度ブレイクしています。

    つまり、直近の高値を超えてからトレンドは継続しているということになります。

    ダウ理論でいう真の安値(高値)とは?

    ダウ理論ではトレンド転換の分かれ道はどこになるのでしょうか?

    それは真の安値または高値となります。

    そもそも真の安値(高値)とは、その日の安値(高値)か前日の終値のどちらか安い方(高い方)です。

    短い時間軸でのトレンド転換したことを把握するには、

    1. 上昇(下落)が止まり
    2. 直近安値(高値)を割ったとき

    になります。

    それは、上昇(下落)が止まった段階ではまだ上昇(下落)トレンドが続いている場合が多いためです。

    基本的にトレンドは明確な転換シグナルが発生するまで続く

    ダウ理論は、トレンドが明確なトレンド転換シグナルが発生するまで継続するという考え方が基本となります。

    つまり、ダウ理論では明確なトレンド転換シグナルが出ない場合はトレンドが続くということになります。

    その場合はトレンドにのったトレードを行う必要があります。

    一方、明確なトレンド転換シグナルが現れた場合は、トレンドが転換する可能性が高くなります。

    そのため、今までのトレンドの逆方向のトレードを行うことになります。

    このトレンドを簡単に見極める方法としては「大きな時間足で方向性を確認する」ということが重要です。

    ダウ理論ではトレンド転換はいつになる

    上昇トレンドであれば、直近高値・低値をそれぞれ切り上げながら価格が上昇し、下落トレンドでは、直近高値・低値を切り下げながら価格が下がっていきます。

    トレンドが転換するポイントは、更新していった高値低値が逆転することをいいます。

    明確な転換シグナルがダウ理論では重要ポイント

    ダウ理論の6つの基本的法則について説明しましたが、一番重要なのは明確な転換シグナルを見極めることです。

    そのためには、新の高値と安値がどこか?を見分けなければなりません。

    ただし、それだけではなくインジケーターも使ってさまざまな視点から転換シグナルを見極めるとより精度が高い予測が可能となります。

    関連記事トレンド転換を見極める3大インジケーターの種類と勝つコツ

    関連記事初心者も使いやすい!おすすめ最強MT4サインツールランキング!

    ダウ理論についてまとめ

    ダウ理論6つの基本法則についてまとめです。

    • 平均はすべての事象を織り込む
      チャートの動きからサインを読み取る、ファンダメンタル分析を行う
    • トレンドには(主要・2次・小トレンドの)3種類ある
      時間足を使い分け、トレンドの種類を見分ける
    • 主要トレンドは(先行期・追随期・利食い期の)3段階からなる
      主要トレンドの波動を理解する
    • 価格の平均は相互に確認されなければならない
      関連性のある通貨ペアでトレンドを確認する
    • トレンドは出来高でも確認されなければならない
      トレンドとともに取引量の増加を確認する
    • トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
      高値(安値)の切り上げ(切り下げ)でトレンド転換を見極める

    ダウ理論は奥が深く、すべてを理解するにはなかなか難しいです。

    しかしこれでダウ理論6つの基本法則を少しでも理解できたはずです。

    このダウ理論6つの基本法則を意識してトレードすると勝率は上がるはずです。

    新着記事