エリオット波動のルールは難しい?使い方をわかりやすく簡単説明

FXの2大理論といえば「ダウ理論」や「エリオット波動理論」を思い出す方が多いことでしょう。

エリオット波動は、相場のサイクルに注目した理論で、ダウ理論と共通する部分があります。

エリオット波動を投資理論というと難しいように感じてしまうかもしれませんが、チャートの形を見て視覚的に理解すると「なるほど」と思えるでしょう。

相場に波動のようなサイクルがあることに注目したのは、ラルフ・エルソン・エリオットです。

エリオット波動理論は、チャートの形をよく観察して着想を得た理論です。

ここでは、実際のチャート画面を使ってエリオット波動を学んでいきましょう。

エリオット波動は難しいようで簡単!まずはチャートの形に注目

図:エリオット波動の基本図形
図:ユーロドル 日足 上昇波参照例

FXではサイクルや波を描きながら周期的に、規則的に動いています。

エリオット波動理論で提唱されている相場の基本形は、

  • 「上昇5波と下降3波」のサイクル

です。

この上昇相場と下降相場の一連のサイクルを

  • 「完全相場サイクル」

と呼びます。

相場の周期性を捉えるのがエリオット波動理論

チャートの形を実際によく観察してみると、

  • 相場は周期性をもって動いている

ということを理解することができます。

創始者であるエリオットは、「海」の波をみて着想を得ました。

相場にもこのようなサイクルがあるに違いない!と思って研究をしたといわれています。

さらにエリオットは自身の著書で「引き潮」や「流れ」について言及しています。

エリオット波動理論はダウ理論とも関係がある?

エリオット波動理論はダウ理論とも深いかかわりがある理論です。

チェックダウ理論とは?基本法則6つと明確なシグナルをわかりやすく解説

チェックダウ理論のトレンド転換を把握できるインジケーターは?

それぞれのエリオット波動の波について簡単に説明していきます。

エリオット波動は難しいようで簡単!エリオット波動の波を覚えよう!

エリオット波動には上昇波と下降波があります。

エリオット波動の上昇波

エリオット波動の上昇波について説明していきます。

エリオット波動の上昇波
  • 上昇第1波(衝撃波)
    じわじわと相場が上がり続けている状態です。
    この段階でプロトレーダーが仕掛けに入ります。
    徐々に方向性がはっきりしてくる段階です。
  • 上昇第2波(修正波)
    第一波を打ち消す修正波です。
    割高感が出てきて、売買意欲がなくなってくるため一時的に相場が下落します。
    逆張りをするトレーダーも仕掛けてくることがあるため、強い動きになるい場合が多いです。
    エリオット波動理論の中に「第一波を超えて第二波が安値を付けることはない」という原則があります。
  • 上昇第3波(衝撃波)
    上昇波動の中で最も強く長い動きをします。
    この段階で、大勢の順張りトレーダーが上昇トレンドであることを認識します。逆張りトレーダーもこの段階で損切りをすることが多いです。そのためじわじわと価格が上昇していきます。
    エリオット波動理論の中に「第三波が一番短くなることはない」という原則があります。
  • 上昇第4波(修正波)
    複雑な動きが多くなり、乱高下をします。
    エリオット波動理論の中に「上昇第四波は上昇第一波の高値を下回ることはない」という原則があります。
  • 上昇第5波(衝撃波)
    バブル的な急騰となり、勢いよく価格が上昇していきます。
    素人の投資家が買いあさり、プロトレーダーはこの段階で売り抜けを行う時期でもあります。
    さらには、新規売りを仕掛けるプロトレーダーもいます。
    そのため相場が急展開する場合があります。

以上が上昇波動の流れです。

エリオット波動の下降波動

エリオット波動の下降波動も説明していきます。

エリオット波動の下降波
  • 上昇5波が終わった後に3つ目の下降波が発生したら、下降波動の始まりである可能性が高い
  • 1度修正波が入りますが、その後さらに下落する
  • 一般的に、下落のスピードは上昇のスピードよりも速い

「下落は多くの人にとって恐怖」です。

価格が下落していくと不安が募り、売りが売りを呼ぶ展開になります。

損切りが多く発生するとそれだけ下落に勢いがついていきます。

相場は心理戦ですので、エリオット波動の下降波をうまく利用できると大きな利益を狙うことができます。

エリオット波動理論の原則とは?

エリオット波動理論には、ある原則があります。

エリオット波動理論の原則
  • 第1波を超えて第2波が安値を付けることはない
  • 第3波が一番短くなることはない
  • 上昇第4波は上昇第1波の高値を下回ることはない

このことから言えることは、

  • 2波が終わって第3波で上昇するときが、一番勝ちやすい

ということになります。

 そのためレンジブレイクしたからといって、上昇第1波でポジションを取る必要は全くありません。

エリオット波動は難しいわけではない!

エリオット波動に明確なシグナルはなく、使いにくく感じる部分も多いのは実情です。

しかし、相場を分析して「現在の相場がどの段階に位置しているのか」を様々な時間足で観察していきましょう。

そうすることによって相場が次にどの段階に向かっていくのかを予測することができます。

例えば、上昇波動相場で、大きな下落が来た時にどのような取引が行えるでしょうか。

現在は第2波なのか、第4波なのかを分析します。

第2波であれば、最も大きな動きをする第3波に備えることができます。

また、第4波であれば複雑な動きをするので手を出さないという行動をとることができます。

「上昇5波・下降3波」という相場のサイクルを頭に入れておくだけで、新たな視点でチャートを分析することができます。

ぜひエリオット波動を自分の分析に取り入れてみてはいかがでしょうか。

新着記事