FXスキャルピングで勝率80%で勝つための負けないルールとは?

よくFXのスキャルピングトレードでは「ルールを決めてそのルールに従ってトレードすることが鉄則」、とよく聞きますよね。

ルールってなんぞや、よくわからん、と思われている方も多いでしょう。

そこで「FXスキャルピングで勝率80%で勝つための負けないルール」について少しお伝えしていきたいと思います。

FXで勝つための負けないルールとは?

FXスキャルピングで勝率80%で勝つための負けないルールですが、僕の場合はこんな感じで決めています。
  1. 通貨ペアを決める。
  2. トレンド方向(取り引きする方向)を決める。
  3. 決まった時間以外で取り引きしない。
  4. チャートは必ずパソコンで見る。
  5. 資金管理を徹底して行う。
  6. 損切りルールを決める。
  7. 取り引きルールを決める。

    ざっとこんな感じです。

    ルールを決めることによって

    • なぜそのトレードで負けたのかを明確にできる
    • 少しずつ修正していくことができる

    結果的に負けないようになり、勝率80%近く勝つようになります。

    それでは上記についてそれぞれ説明していきます。

    負けない通貨ペアを決めて勝つ!

    まずはじめにどのような通貨ペアだと負けないのか?を考えることが重要です。

    通貨ペアはたくさんありますが通貨ペアを選ぶ主な基準は2つ。

    1. スプレッドの狭さ
    2. ボラティリティの高さ

    例えば、僕が使っているFXTF口座のスプレッドの場合はこんなスプレッドとなっています。

    • ドル円=0.3銭
    • ユーロ円=0.6銭
    • 豪ドル円=0.6銭
    • ポンド円=0.9銭

    FXTFだと上記以外の通貨ペアはスプレッドが高いので正直トレードはおすすめできません。

    さらにこの中でボラティリティが高い通貨ペアは

    • 豪ドル円
    • ポンド円

    そして、僕の場合は豪ドル円を使っています。

    理由としては、豪ドル円は証拠金が少なくて済むからです。

    ドル、ユール、ポンドのクロス円相場はいずれも100円以上です。

    豪ドル円なら70-80円代なので、その分証拠金が安くてすみます。

    負けない通貨ペア「豪ドル円」なら勝率80%で勝つことも可能です。

    取り引きするトレンド方向を決めて勝つ!そして負けない

    トレードする方向を決める際は、長い時間足でトレンド方向を確認するといいです。

    • 上昇トレンドなのか
    • 下降トレンドなのか
    • ボックストレンドなのか

    これらを見極めればその日の戦略がおのずと出てきます。

    例えば下記の1時間足のチャート画像をご覧ください。

    赤枠の部分では、3日間に渡って下降トレンドが続いています。
    その後は上昇とも下降ともどちらともいえないボックストレンドに変わっています。
    1. 長い時間足でチャートを確認し
    2. どのトレンドを狙ってトレードしていくか

    を決めておくといいでしょう。

     もし狙っているトレンド方向に逆らってしまった場合、そのトレードはやめましょう。

    トレンド方向を狙い定めて合致したらトレードして勝つ!これが負けないルールです。

    勝つためには「決まった時間以外で取り引きしない」のが負けないルール

    絶対に決まった時間以外で取り引きしないことも重要です。

    特に夜の0時以降は予期せぬ現象が起こりやすいので、絶対おすすめしません。

    僕が負けないトレードでおすすめするのは、

    1. 日本時間午後13時~17時
    2. 日本時間午後19時~23時

    です。

    この時間はチャートの流れも読みやすく、勝率がもっとも高くなります。

    時間をしっかり決めてトレードすることで

    • 時間的な相場の流れがわかり
    • 規則正しい生活を送る

    ということができます。

    また、時間ごとに分析してみるといいでしょう。

    FXではチャートはある一定のサイクルがあるといわれています。

    チャートを時間ごとに分析すると負けない?

    チャートを時間ごとに分析してみると、相場の流れがわかり負けないトレードが生み出せるようになります。

    例えば下記チャート画像をご覧ください。

    赤い縦線は12時のところを示しています。

    これで12時ごとに分析していくと、1日おきに下降と上昇を繰り返していることがわかります。

    これはボックストレンド中の場合ですが、同じ時間帯の値動きを分析しておくと、一定のサイクルを把握することもできます。

    12時間、24時間ごとに分析してみると意外におもしろいことがわかることもあります。

    上昇が2回続くときもあれば、上昇と下降を繰り返したりなど、おもしろいようにはっきりとトレンドがわかることも多いです。

    このようなツールはMT4を使ってみるといいです。

    僕の使っているFXTFの口座なら、MT4も使えて、狭いスプレッドで取り引きすることができます。

    また、このような時間分析も可能となりますよ。

    チャートはパソコンで見ると負けない

    チャートは必ずパソコンで見るようにしましょう。

    ただし取り引きはスマホでもいいです。

    注文や決済はスマホの方が早くて使いやすいという人もいるでしょう。

    スマホでむやみやたらにトレードすると負ける?

    しかし、スマホが使いやすいというのは大きな落とし穴です。

     スマホだけ使ってポジションを取るのは要禁物です。

    スマホだといつでもどこでも簡単にポジションを取ることができます。

    ですが、取り引きというのは運命を左右する非常に重要な選択です。

    これを小さなショぼいチャートで見て簡単に取り引きするということは非常に安易なこと。

    パソコンでしっかりテクニカル分析をし、絶対に自信がある状況でポジションをとるようにしましょう。

    僕はスマホ取り引きだけをして、資金を半分以上溶かしたことがあります。

    敗因を分析するには、パソコンは絶対必要だと思います。

    ちなみに僕が使っているテクニカルインジケーターは、Zigzag、ボリンジャーバンド、パラボリック、RCIです。

    いくつかインジケーターのサイン条件が重なったところでポジションをとるようにしています。

    ロジックについては、デモトレードをしっかり行って自分で色々試してみるといいでしょう。

    チェックFXで勝率70%勝てるおすすめインジケーターの組み合わせは?

    勝つための負けないルールは資金管理徹底!

    僕がこれまでの経験で思ったことは、資金管理の重要さです。

    資金は必ず分割して取り引きした方がいいです。

    FXでは証拠金に対する割合(パーセンテージ)が重要です。

    例えば100万円口座に入れていて、1ロット10万円×9で90万円の証拠金で取り引きしたとします。

    そうすると勝った場合はウハウハですが負けてしまった場合、数十万円の損失が出る可能性が高いです。

    この大きく膨らんだ損失を取り返すのは容易なことではありません。

    しかし、資金を分割すると負けたときの損失を抑えられますし、次の取り引きでロット数を上げれば負け分を取り戻すことも簡単です。

    例えばこんな感じです。

    1. 1回目の取り引き 1ロット 負け
    2. 2回目の取り引き 2ロット 負け
    3. 3回目の取り引き 3ロット勝ち

    こんな感じで負けたらロット数を上げ、勝ったらその日は取り引きをしないようにルールを作ると負けないようになるでしょう。

    FXは投資だからこそ資金分割するべき!

    FXは競馬やパチンコと違い、投資という扱いにされています。

    競馬やパチンコのようなギャンブルは、一発負けてしまうとそれを取り戻せる確率は10%以下です。

    経験者ならわかることでしょう。

    しかし、FX1円でも勝つか負けるかだけでいえば確率は50ですよね。

    上がるか下がるかを予想すればいいだけなので(*^_^*)

    だからこそ資金管理は一番重要です。

    ちなみに僕はロット数を10分割してトレードしています。

    そうすると、1回目1ロット、2回目2ロット、3回目3ロット、4回目4ロットと1日4回目まで負けてもいいと決めてトレードできます。

    資金管理の運用方法は色々調べてみるといいでしょう。

     ただし、資金最大まで証拠金を運用しての取り引きは絶対にやめましょう。

    資金MAXでの運用で取り返せなくなるのは目に見えています。

    勝つためには負けない損切りルールを決めること

    「損切りルールを決める」と書いてはみましたが、損切りは特に明確な指標はないんですよね。

    よくFXの本やブログなどを見ると「直近の高値や底値のラインあたりに設定する」と書かれています。

    僕もそのとおりだと思います。

    ですので、直近の高値や底値のラインあたりに損切りを設定するといいとは思います。

    損切りを設定しなければならない理由としては2つあります。

    • 損失を大きくさせないためのリスクコントロール
    • 負けを認めて気持ちを切り替えるためのマインドコントロール

    気持ちをすぐに切り替えるためにも、損切りルールを決めるのは重要です。

    勝つための取り引きルールを決めると負けない

    「取り引きルールを決める」これはもっとも戦略的な要素です。

    注文するということは、勝つか負けるかを左右するための大きな決断です。

    • 「自分の人生がすべてかかっている」
    • 「負ければ命の保障はない」

    というくらい、慎重に、真剣に決断しなければならないということを肝に命じておきましょう。

    では、取り引きルールを決めるというのはどういったことでしょうか?

    ここでいう取り引きルールとはロジックのことです。

    ロジックとは直訳すると論理ですが、わかりやすくいうと「取り引きするための条件」です。

    1. テクニカル分析などを使って条件を決め
    2. 条件があてはまったときに取り引きする

    このようなことをFXではロジックといっています。

    世の中にロジックといわれている手法は山ほどあり、その中の手法を組み合わせたりして自分でロジックを構築します。

    ロジック例は以下の関連記事に記載してあります。ご参考までに。

    負けないルールを決めなければ勝つことはできない!

    FXスキャルピングで勝率80%で勝つための負けないルールについて簡単に説明してきました。

    最後に、説明したルールだと、僕はこんな感じでルール決めしています。

    1. 通貨ペアを決める。
      豪ドル円
    2. トレンド方向(取り引きする方向)を決める。
      1時間足で前日のトレンド方向と直近の高値・底値を確認
    3. 決まった時間以外で取り引きしない。
      13-17時、19-23時以外は取り引きしない
    4. チャートは必ずパソコンで見る。
      MT4チャートでインジケーターを確認する
    5. 資金管理を徹底して行う。
      資金は10分割し、負けたら次はロット数を上げる
    6. 損切りルールを決める。
      直近の高値もしくは安値付近に設定する
    7. 取り引きルールを決める。
      Zigzag、ボリンジャーバンド、パラボリック、RCIで条件に当てはまったら注文する

    こんな感じです(*^_^*)

    皆さんのご参考になるといいですが。

    最後に、MT4を使いたいという方はFXTFが絶対おすすめです。

    なぜなら、スプレッドはかなり狭いので(*^_^*)

    新着記事