FXで負けないためのルール作りのコツとは?参考例つきで簡単解説

ここでは「FXで負けないためのルール」についてカンタンに解説しています。

負けないためのルール作りには、絶対に満たしておいたほうがいい条件やコツがあります。

FXで負けないためには、ルールを作ってきっちり守ることが重要です。

負けないためのルールを作るメリットとは?

手のひらに地球

FXで負けないためのルールを作るメリットについて解説します。

負けないためのルールを作るメリットは、

  • なぜそのトレードで負けたのかを明確にできる
  • ルールを少しずつ修正していくことができる

といったメリットがあります。

ルールを作って守ることにより、結果的に負けないようになり勝率が高くなります。

FXで負けないためのルールはエントリーから決済まで

ルール

FXで負けないためのトレードルールは、エントリーから決済までを円滑にコントロールできる仕組みにするのがコツです。

たとえば以下の項目がコントロールできるようなルールであればOKです。

  • エントリー
  • 資金管理
  • 決済(利確)
  • その他(時間、通貨ペア、トレード環境など)

トレードルールは、より細かく設定したほうが敗因を分析しやすくなります。

FXで負けないためのルール参考例

グッドポーズのドイツ人

FXで負けないためのルールについて参考例を紹介します。

  1. 通貨ペアはドル円、ユーロドルのみでしかトレードしない。
  2. 重要な経済指標がある場合はトレードしない。
  3. 決まった時間以外でトレードしない。
  4. かならず損切りをおく。
  5. 損失額は資金の3%となるようロット調整する。
  6. かならず1時間足でトレンドを判断する。
  7. 1時間足でスラストが確認できた場合のみ5分足でエントリーする。
  8. トレンドが判断できない場合(不明の場合)はトレードしない。
  9. 大きなヒゲが乱立、陽陰線の入り乱れ、小さなローソク足が多い相場は避ける。
  10. レジサポライン付近に到達したら、最低ローソク足2本は様子をみる。
  11. レジサポラインをブレイクした場合、押し戻りが発生するまで待つ。
  12. 出来高が少ない相場ではエントリーしない。
  13. リスクリワード1:2以上となりうる条件下でしかエントリーしない。
  14. エントリー後の次の5分足で逆行したら即手動で損切りする。
  15. エントリー後は損切りラインをトレーリングして利益を伸ばす。
  16. チャートは必ずパソコンで見る。
  17. エントリーしたらチャートから目を離さない。

ギャン理論の28の価値あるルールにもいえることですが、ルールをたくさん設定したほうが勝ちやすく敗因を分析しやすいです。

≫ギャン理論28の価値あるルールの記事はこちら

負けないためのルール作りのコツ

ルール作りのコツ

負けないためのルール作りのコツについて解説します。

通貨ペアをルール化しておく

勝ちやすい通貨ペアでトレードすれば、必然と負けないトレードができるようになります。

通貨ペアにはたくさんありますが通貨ペアを選ぶ主な基準は2あります。

  1. スプレッドの狭さ
    ⇒スプレッドの狭い通貨ペアでコツコツ稼ぐ
  2. ボラティリティの高さ
    ⇒ボラティリティの高い通貨ペアで大きく稼ぐ

無難なのは①ですが、②で稼ぐなら損失額が大きくなるのでロットを少なくする必要があります。

おすすめはドル円ユーロドルです。

FX口座によってスプレッドの狭さは異なりますが、ほとんどの口座ではドル円やユーロドルのスプレッドが狭いです。

≫勝ちやすい通貨ペアとは?

エントリーに関するルールは厳格化する

エントリーに関するルールはかなり厳しくしたほうがいいです。

 なぜならエントリーのタイミングがすべての勝敗を分けるからです。
  • エントリーの条件
  • エントリーのタイミング

については特にルールを細かくしておきましょう。

≫プライスアクションに関する記事はこちら

相場の判断ルール

相場を判断するには、環境認識によって長い時間足でトレンド方向を確認するといいです。

  • 上昇トレンドなのか
  • 下降トレンドなのか
  • ボックストレンドなのか

スキャルピングにおいては、1時間足でトレンドを見極めることによりその日の戦略がおのずとわかります。

たとえば下記の1時間足のチャート画像をご覧ください。

赤枠の部分では、3日間に渡って下降トレンドが続いています。
その後は上昇とも下降ともどちらともいえないボックストレンドに変わっています。
  1. 1時間足でチャートを確認
  2. 現在は1時間足トレンドのどの位置にいるのか?

を確認しておくといいでしょう。

トレンドを見極めるルールを作ることが、負けないためのコツです。

≫環境認識に関する記事はこちら

決まった時間以外で取り引きしない

決まった時間以外で取り引きしないことも負けないためのルールとしておすすめです。

 相場は、朝6時から翌日の2時ころまでにかけてボラティリティが上がる傾向にあります。

時間をしっかり決めてトレードすることは、

  • 時間的な相場のクセがわかり
  • 規則正しい習慣化したトレードができる

といったメリットがあります。

ただし、自分がトレードする時間帯の相場のクセをしっかり分析しておくことが重要です。

FXチャートはある一定のサイクルがあるともいわれています。

≫トレード時間に関する記事はこちら

チャートはパソコンで見たほうがいい?

チャートはパソコンで見たほうがおすすめです。

ただし、スマホがダメということではないです。

スマホはいつでもどこでもトレードできますが、チャートを見逃してしまう可能性が大きいからです。

 たとえば、外出中にトレードしてもスマホ画面に集中することは難しいでしょう。

なるべくならパソコンでチャートを見るのがおすすめです。

≫スマホでトレードするメリットデメリットとは?

資金管理に関するルールは絶対入れておく

資金管理の徹底は、負けないルール作りにおいてかなり重要です。

FXトレードで一番最悪なシナリオは、

  • 取り返せないくらい損失が膨れ上がること
  • 資金が底を尽きて破産してしまうこと

です。

最悪のシナリオを回避するためには、負けてもすぐに取り返せる程度の損失に抑えるということが重要です。

資金管理を行うことで、損失額をコントロールすることができます。

≫資金管理に関する記事はこちら

負けないルールを決めて守ることとは?

生きるか死ぬか

「負けないためのトレードルールを決める」これはもっとも戦略的な要素です。

FXトレードすることは、生きるか死ぬかを左右するくらい大きな決断と考えるべきです。

  • 「自分の人生がすべてかかっている」
  • 「負ければ生活できない」

というくらい慎重かつ真剣に決断しなければ、負けないトレードはできないという気持ちで取り組みましょう。

FXで勝てないなら、負けないためのトレードルール作りからはじめてみてください。

新着記事