時間帯で勝てるトレード手法は異なる?VolumesとATRの分析結果

FXは時間によって相場の値動きが異なります。

相場の値動きが変わるということはトレード手法も変える必要があるかもしれません。

ここではFXは時間によって勝てるトレード手法が変わるのかについて検証しています。

時間帯によって勝てるトレード手法は変わる?

時計①

取り引き量が時間帯によって異なるのであれば、勝てるトレード手法は時間帯によって変える必要があるはずです。

そこで、

  • もっとも取り引き量が多い時間帯
  • もっとも取り引き量が少ない時間帯

を割り出してみます。

Volumesで出来高を分析

MT4で使えるインジケーターVolumesで出来高を分析し、時間帯での取り引き量を割り出しました。

その結果、

  • 取り引き量が多い時間帯は0時前後
  • 取り引き量が少ない時間帯は6時~12時

であることが判明しました。

このことからいえることは、時間帯によってトレード手法は変えなければならないということです。

検証結果について解説していきます。

取り引き量が多い時間帯は0時前後?

Volumesで取り引き量を分析した結果、取り引き量が多い時間帯は日本時間の0時前後でした。

取り引き量が多いのは0時前後

2021年4月29日~2021年5月7日 USDJPY:1H

もっとも取り引き量が多い時間帯は、日本時間の0時前後であることが多いです。

取り引き量が少ない時間帯は6時~12時

Volumesで取り引き量を分析した結果、取り引き量が少ない時間帯は日本時間の6時~12時でした。

取り引き量が少ない時間は6時~12時

2021年4月29日~2021年5月7日 USDJPY:1H

もっとも取り引き量が少ない時間帯は、日本時間の6時~12時であることが多いです。

取り引き量が多い時間帯と少ない時間帯の傾向は?

時計②

取り引き量が異なる時間帯で勝てるトレード手法は変えなければならないということはわかりました。

そこで、取り引き量が多い時間帯と少ない時間帯の傾向を探っていきます。

  • 相場の状態(レンジorトレンド)
  • ボラティリティ

に絞って分析します。

使用するインジケーターはATRボリンジャーバンドです。

0時前後のボラティリティと相場の状態

取り引き量の多い時間帯で勝てるトレード手法を割り出すため、0時前後のボラティリティと相場の状態を分析します。

0時前後のボラティリティと相場の状態
2021年4月29日~2021年5月7日 USDJPY:1H

  1. 相場:レンジ
    ボラティリティ:高い
    大きく上昇した後、大きく反転。
  2. 相場:上昇トレンド
    ボラティリティ:高い
    前日の上昇トレンドを引き継いでそのまま上昇。
  3. 相場:下降トレンド⇒上昇トレンド
    ボラティリティ:高い
    下降トレンドから上昇トレンドに転換。
  4. 相場:レンジ
    ボラティリティ:高い
    前日ほどの大きな下落ではないが、ボラティリティは同等。
    上下での持ち合いに発展しているとみられる。
  5. 相場:レンジ
    ボラティリティ:やや低い
    取り引き量はそれなりに多いが、ボラティリティは低め。
    変動が少ない=持ち合い状態が強い。
  6. 相場:レンジ
    ボラティリティ:やや低い
    前日同様、持ち合い状態が続いている。
  7. 相場:レンジ⇒下降トレンド
    ボラティリティ:非常に高い
    米雇用統計の影響か、ボラティリティが非常に高い。

日本時間0時前後で勝てるトレード手法は?

日本時間0時前後の相場の状態とボラティリティを分析した結果、勝てるトレード手法を割り出しました。

基本的にボラティリティが高い時間帯であるので、

  • レンジ相場
    レジサポラインを意識してトレードする必要がある
  • トレンド相場
    押し目戻り目を狙ったトレンドフォロー手法が有効

ということがいえます。

トレンドフォローであればスキャルピングトレードも有効です。

ただし、変動が激しいため1時間足で底値と高値をしっかり確認しないと、損切りのリスクは高まります。

ポイントは、

  1. 経済指標の有無
  2. 30分~1時間足はしっかりと確認する
  3. 相場の見極め
    (レジサポとヒゲがわかりやすい)
  4. ブレイクアウトによるトレンド転換

となります。

6時~12時のボラティリティと相場の状態

取り引き量の少ない時間帯で勝てるトレード手法を割り出すため、6時~12時のボラティリティと相場の状態を分析します。

6時~12時のボラティリティと相場の状態

2021年4月29日~2021年5月7日 USDJPY:1H

  1. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い
  2. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い
  3. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い
  4. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い
  5. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い
  6. 相場:レンジ
    ボラティリティ:低い

日本時間6時~12時で勝てるトレード手法は?

日本時間6時~12時の相場の状態とボラティリティを分析した結果、勝てるトレード手法を割り出しました。

結論としては、ボラティリティが低い状態が続く時間帯で、大きくPipsを狙ってトレードするのは無理があります。

時間軸を落として1分~5分足でのスキャルピングトレードをするのがおすすめです。

時間帯によって注意しなければならないことは?

時計③

やはり時間帯によって勝てるトレード手法は異なるので注意が必要です。

日本時間早朝6時~12時の場合、

  • 利益を大きく狙えない
  • 朝6時~9時頃はスプレッドが広がる

といったことがあります。

時間軸を落として9時~12時の間でスキャルピング売買するといいでしょう。

日本時間深夜0時前後の場合、

  • 大きく利益を狙える時間帯
    日本だと一般人は就寝している

です。

注意しなければならないことは、寝る前にトレードを終わらせておくことです。

朝起きたときに、ロスカットされてしまったという事態になりかねません。

空き時間に合わせて手法を検討してみてはいかが?

時計④

自分の空き時間に合わせて勝てるトレード手法を検討するのはおすすめです。

なぜなら専業トレーダーでない限りは、空き時間に制限があるからです。

たとえば9時~12時と0時前後といえば、普通に働いている会社員にとっては厳しい時間であるといえます。

また、ここでお伝えした内容はドル円に限っての話で、通貨ペアが変われば相場の動く時間帯も変わります。

取り引きする通貨ペアや自分の空き時間に合わせて分析し、勝てるトレード手法を探してみるのはいかがでしょうか。

新着記事