ギャン理論とは?ギャンの28の価値あるルールが優秀すぎる!

ギャン理論は優秀なトレーダーであるウィリアム・ディルバード・ギャン氏が編み出した超有名な投資理論です。

その中の一つに、ギャンの価値ある28のルールという有名な理論があります。

そこでギャン理論のギャンの価値ある28のルールやおすすめ本について紹介します。

ギャン氏はどのような人物?

ウィリアム・ディルバート・ギャン氏
(William Delbert Gann)

ギャン氏は20世紀初頭の米国生まれの有名な投資家です。

ギャン氏はギャン理論の基本である「価値ある28のルール」を考案し有名となりました。

ギャン氏はもともと株式トレーダーでありました。

ですがFX投資におかれてもギャン氏が残した功績は計り知れません。

アナログな時代でありながらも、ローソク足にひけをとらないテクニカル分析手法を考案。

厳しいルールのもと、ギャン氏の生涯成績は勝率80%を超えるともいわれています。

「ギャン理論」の影響力は強く、半世紀以上経った今でも多くのトレーダーに根付いています。

ギャン氏の有名な理論は2つ

そんなギャン氏の考案した理論は大きく2つあります。

  • ギャン分析
  • ギャンの価値ある28のルール

    これからギャン分析と価値ある28のルールについて紹介していきます。

    ギャン分析とは?

    ギャン分析では、

    • 相場がいくら変動しても
    • ある一定のラインに収束していく

    という自然科学の法則に基づいた理論に基づいて分析を行います。

    ギャンライン・ギャンファン・ギャングリッドといった手法があり、チャート上に描画して分析します。

    MT4では標準装備されている機能です。

    ギャン氏は、価値ある28のルールを考案しただけではなく、テクニカル分析においても長けていた人物でした。

    ギャン理論「ギャンの価値ある28のルール」とは?

    ギャンの価値ある28のルールとは、ギャン氏が過去の経験にもとづきルール化したものです。

    このルールは、すべてが役立つ内容かどうかはさておき、必ず参考になる項目があることは間違いありません。

    しかし、これほどまで多くのルールを組み立てたからこそ勝率80%を維持できたのでしょう。

    ギャンの価値ある28のルール

    ギャンの価値ある28のルールです。

    1. 資金の10%以上の損失は出さない
    2. 必ずストップロスを置く
    3. 過剰な売買をせず資金配分を守る
    4. トレーリングし利益を増やす
    5. トレンドに逆らわない
    6. 迷ったらトレードしない
    7. 持ち合いには手を出さない(動きが大きい相場のみ手を出す)
    8. 1銘柄だけ投資せず2銘柄以上でリスク分散する
    9. 指値はせず成行のみで取引する
    10. 理由もなく手仕舞いしない
    11. 黒字は他に分けて管理する
    12. スキャルピングはしない
    13. ナンピンはしない
    14. 焦らずに耐える
    15. 小さな利益と大きな損失は避ける
    16. ストップロスはキャンセルしない
    17. 頻繁に売買しない
    18. 売り注文も有効に使う
    19. 値頃感で取引しない
    20. ピラミッディングはレジスタンスやサポートをブレークしてからする
    21. トレンドが明確な時だけピラミッディングする
    22. 両建てはしない
    23. 理由なくポジションを決済しない
    24. 儲かったら取引量を減らす
    25. 相場の天井/底を推測しない
    26. 他人の意見には従わず自分で研究する
    27. 損失が出た後は取引量を減らす
    28. 間違ったポジションメイク・間違った決済をしない

    ギャンの価値ある28のルールは、とてつもなく多いルールに思えます。

    しかし、ギャンの価値ある28のルールは、現在のトレード手法に通じるものがあります。

    非常に参考になる興味深いルールです。

        ギャン氏の手法やルールづくりはお手本!

        ギャン氏の価値ある28のルールはまさにトレードのお手本です。

        そんなギャン氏のことがわかる本についておすすめします。

        この本を読めばギャン氏のことや、価値ある28のルールのことが丸わかりです。

        タイトル
        伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」
        出版社
        小学館
        発売日
        2006/7/6

        こんな人にオススメ!

        • 投資の基本を身につけたい
        • FXだけでなく株式にも興味がある
        • 現在の手法を見直したい
        買って損はない一冊

        ギャン氏によると、投資において勝敗を分ける要因はマインドコントロールだとされています。

        この本で学べることは、ギャン氏がどのようにしてルール作りをしたのかということ、ルール作りの基本についてです。

        amazonレビュー星
        新着記事