ひげの基本とは?ヒゲトレード2つのメリットとシグナルパターン

ローソク足のひげを使うと相場の変化を予測できます。

チェックFXローソク足トレードを極める!パターンと種類を徹底解説!

また、ローソク足の上ヒゲ、下ヒゲでトレードをすることをヒゲトレードといわれます。

ひげの基本はトレンドを予測することです。

ひげの基本とローソク足のひげを使ったヒゲトレードを解説します。

ヒゲトレードのメリットは?

広げたお金

ひげの基本を知る前に、ヒゲトレードによってどんなメリットがあるかを知る必要があります。

ヒゲトレードにはこんなメリットがあります。

ヒゲトレードのメリット
  1. トレンド転換を見極められる
  2. エントリーポイントが明確になる
    いってみれば、FXの基本はひげを知ることから始まります。

    ヒゲトレードの基本は大きなひげを狙う!

    長い白ひげの男性

    ヒゲトレードの基本は大きなひげを狙うことです。

    まず、大きなひげが出やすいときのチャートの条件を解説していきます。

    大きなひげが出るのは大量の損切りによるもの?

    ひげの基本知識として、大きなひげが出るのはおおよそ以下の条件となります。

    大きなひげが出る条件
    1. 大きな損切りが起こったとき
    2. トレンドに対しての大量の逆注文

      大きなひげが発生した場合、買い(売り)が優勢になります。

      大きなひげといってもいろんな形が…

      大きなひげといってもさまざまな形があります。

      ローソク足ひげの形

      しかし注目すべきポイントは、

      • 買いと売りどちらにひげがあるか?
      • ひげの大きさ

      になります。

      大きなひげの発生ポイントはレジサポライン?

      レジサポライン

      損切りが一度にたくさん起こるとひげとなります。

      つぎに、相場が上がるか下がるか迷う状態になります。

      損切りが一度にたくさん起こる可能性のあるラインが、レジスタンスラインサポートラインです。

      レジサポラインでの損切りという事故が起こった場合の対応は人それぞれです。

      • ポジションをそのまま持つ人
      • 損切りする人
      • 逆張りで注文を入れる人

      などさまざまな対応があります。

      大きなひげができると、相場は一瞬にして迷いが生まれます。

      ひげの基本「トレンド転換の対応

      新聞を読む男性

      大きなトレンドが出る原因は景気の後退、上昇や大きな事件、事故が起こった場合です。

      これらはやがて、大衆心理によって大きなトレンドとなります。

      トレンド終了の目安は大きなひげ?

      トレンドが終了するのはほとんどの場合、大きなひげが発生します。

      そのポイントとは、直近の高値もしくは安値を結んだサポートラインや、レジスタンスラインを超えたときが多いです。

      相場は大衆心理を表しているため、他の人と同じ意見に従うのが賢明です。

      つまり、多数決に従って取り引きしていく必要があります。

      そのために大きなひげを見つけて相場の変化に対応していくことが重要です。

      レジサポラインを超えたあとの相場の変化
      • 「トレンド継続」…注文の増加
      • 「レンジ状態」…買いと売りの拮抗
      • 「トレンド転換」…逆注文の増加
        トレンド終了時のひげ
        トレンド終了の場合は、大きな上ひげが発生しやすくなります。
         大きなひげが発生した場合は、冷静な判断が必要。

        ひげの基本「時間足で異なるひげの意味合い」

        長さの異なるえんぴつ

        ローソク足やひげは、時間足によって意味合いが全く異なります。

        小さい足と大きい足は基本的には意味が違う?

        基本的には、小さいローソク足と大きいローソク足では、意味合いが異なると考えましょう。

        1時間足でゆっくり上昇と下降を繰り返したローソク足は、1分足や5分足で見るとジグザグになっています。

        小さな陽線と陰線を繰り返しています。

        たとえば2019年1月17日のチャート画像をご覧ください。

        1時間足のチャートです。1時間足の大きなひげ
        こちらが5分足です。5分足の大きなひげ

        これだと、1時間足だけ見てもどこでエントリーすべきかわかりませんし、1分足や5分足だけ見ても相場の状態や正確な損切り・利確ポイントはわかりません。

        このように、各時間足でのローソク足やひげの持つ意味や違いを理解し、ひげを活用していくことがヒゲトレードの基本です。

        小さい足と大きい足で同じ意味になることも?

        イレギュラーですが、小さいローソク足と大きいローソク足がほぼ全く同じ意味合いを持つこともあります。

        5分以内の高値と安値が1時間足でも同じだった場合、このときの5分足と1時間足は似たような意味合いを持ちます。

        それは時間内のMAX数値が同じになるときです。

        これは急激な大変動が短い時間で発生した場合になります。

        たとえば、2019年1月3日のドル円に良い例がありました。

        下記チャートをご覧下さい。

        こちらの画像は5分足です。5分足の超大きなひげ
        こちらの画像は1時間足です。1時間足の超大きなひげ

        いかがでしょう?

        1本だけローソク足が似ていることがわかりますか?

        この日はものの5分もの間で300pips以上の大変動がありました。

        瞬発性のある大きな変動は、大きい時間足は小さい時間足に依存します。

        大きい足での十字線ひげはレンジ状態?

        さらに、大きい足で見た場合で大きな十字線ひげが発生したときは、小さい足での陰線も確認することも必要です。

        レンジ相場になっていたり、押し目買いや戻り売りポイントがわかるので稼げるチャンスです。

        1時間足での十字線たとえば、こちらの画像は1時間足の十字線です。画像だとわかりづらいですが、下降トレンド中のローソク足のひとつです。

        1分足での十字線

        1分足でみるとこのようになっています。赤いラインは1時間足でいうとちょうど真ん中の30分くらいの位置です。

        このように、下降トレンド中の戻り売りポイントは1分足もしくは5分足で確認することができます。

        小さな足だけでも把握できないこともありますし、大きな足だけでも把握できないこともたくさんあります。

        ヒゲトレードの手法

        ヒゲトレードでは、ひげをトレンド転換のシグナルとして使います。

        ここでは手法について説明します。

        ひげの右肩上がり(下がり)

        ローソク足のひげが右肩上がり(下がり)かどうかでトレンドを判断できます。

        下記画像をご覧ください。

        ひげの右肩上がり

        ひげがだんだんと短くなっているのがわかりますか?

        これは上昇時によくみられるひげの形ですが、売りが弱まっているサインです。

        このひげの形になると、買い注文のチャンスです。

        上昇押し目での下ひげ

        売りのときは、逆に右肩下がりが売りシグナルとなります。

        ボリンジャーバンドのシグマ線にタッチ

        ボリンジャーバンドだと、シグマ線にひげがタッチしたら逆張りのシグナルとなります。

        ボリンジャーσ線にタッチした上ひげ

        ローソク足十字線はエントリーシグナル?

        ローソク足十字線はエントリーシグナルになります。

        ローソク足十字線にもさまざまなパターンがあります。

        チェックローソク足十字線はトレンド転換のわかりやすいサイン?

        上昇トレンドでの押し目

        上昇トレンドでの押し目ひげ
        上昇してから一旦下降ぎみになり、十字線が出てから再度上昇したパターン。

        トレンド中の出現パターン

        下降トレンド中のひげ
        トレンド中に十字線が出現したパターン。

        トレンド転換時に出現

        トレンド転換での十字線
        トレンド転換時に出現した十字線。

        ひげの基本「ヒゲトレードで勝つコツとは?」

        トリック

        FXトレードの基本であるローソク足のひげというのは、非常に奥が深いものです。

        慣れてくるとヒゲトレードだけでも利益を得られるくらい重要な指標です。

        ヒゲトレードのコツは、大きなひげが出やすいときは大きな損切りが出るときに発生しやすいことを覚えておくことです。

        また、大きい時間足だけでなく小さい時間足でも大きなひげが出ているか確認しておくといいでしょう。

        最後に、現在ポジションをとりたいと思うときは、どこで損切りのポイントを考えている人が多いのかを考えておくことが非常に大きなポイントとなります。

        新着記事