レジサポとは?

FXでは、しばしばレジサポという用語が使われます。

FXでは、レジサポラインの引き方を知っているのは常識で、これを知らないと損をします。

ここではレジサポとは?について、レジサポラインの引き方について解説しています。

レジサポとは?

レジサポとは、レジスタンスとサポートの略称です。

レジ=レジスタンス(抵抗)

サポ=サポート(支持)

レジサポライン

  • レジスタンスライン
    抵抗線といい、直近の高値どうしを結んだライン(上値の抵抗線)になります。
  • サポートライン
    支持線といい、直近の安値どうしを結んだライン(下値の支持線)になります。

これらを総称してレジサポと呼ぶこともあり、レジサポラインは水平に横にラインを引きます。

レジサポが発生する理由とは?

レジサポが発生する理由とは?

レジサポは、多くの投資家達が同じ価格帯に注文を入れることで発生します。

レジサポが発生する具体例について詳しく解説していきます。

レジサポが発生する具体例

レジサポが発生する具体例について説明します。

たとえば、1ドルの取引が110円付近で相場が動いていたとします。

この時、多くの投資家達は、1ドル110円なら交換できると考えます。

それを踏まえた上で、現在の価格が1ドル = 120円 or 100円の場合、多くの投資家達はどう考えるのかを見ていきましょう。

1ドル = 120円の場合

現在の価格が110円より高いため、多くの投資家達は売り(ショート)で注文を入れます。

110円付近まで価格が下がってきたら決済しようと考えます。

レジスタンスライン

このように、現在の価格が120円まで価格が上がる度に売りの注文が集中します。

そこで、上記の画像のようなレジスタンスライン(抵抗線)が引けるようになります。

1ドル = 100円の場合

現在の価格が110円より低いため多くの投資家達は、買い(ロング)で注文を入れます。

110円付近まで価格が上がってきたら決済しようと考えます。

サポートライン

こちらもレジスタンスライン同様、現在の価格が100円まで落ちる度に買いの注文が集中します。

そこで、上記の画像のようなサポートライン(支持線)が引けるようになります。

レジサポラインの引き方

レジサポラインの引き方

レジサポラインの引き方について説明します。

レジサポラインの引き方については、

  • ヒゲ
  • 実体

上記のどちらかを通さなければならないといったセオリーはありません。

ただし、可能な限りは多くのローソク足に触れたほうが使いやすいレジサポラインになるでしょう。

レジサポラインを引く

では実際にレジサポラインを引いてみます。

  1. 直近の高値と安値に注目
    レジサポラインの引き方①
  2. 直近の高値安値にレジサポラインを引く
    レジサポラインの引き方
  3. その他にもレジサポがあればラインを引く
    レジサポラインの引き方③

レジサポラインの引き方ポイント

レジサポラインのポイント

レジサポラインの引き方ポイントについてまとめです。

  1. 1日足などの上位足でレジサポラインを引く
  2. 最初に直近の高値安値にレジサポラインを引く
  3. 相場の状態(トレンドかレンジ)を判断する

上位足でレジサポラインを引くことによって、強力で長期的なトレンドの継続が期待できます。

新着記事