MT4サインツールの基本的な使い方!カンタンなのですぐ使える

ここではMT4サインツールの基本的な使い方について説明しています。

MT4サインツールは、使い方がとてもカンタンです。

一度覚えたら忘れることはないので、ぜひ覚えておきましょう。

\おすすめ記事/

MT4にex4ファイルを導入する

MT4にex4ファイルをインストールします。
≫MT4に関する記事はこちら

ex4ファイルとは?
MT4でのインジケーターや自動売買EAのファイル形式・・・ex4
 はじめに、MT4をダブルクリックしてMT4を立ち上げましょう。

MT4サインツールの使い方①

MT4が開いたら、MT4の左上にある「ファイル」→「データフォルダを開く」の順にクリックしてください。

 「データフォルダ」が表示されましたら「MQL4」のフォルダを開いてください。

MT4サインツールの使い方②

次に「MQL4」内にある「Indicators」をダブルクリックして開いてください。

MT4サインツールの使い方③

MT4で使うファイル名

インジケーターのファイル名・・・Indicators

自動売買EAのファイル名・・・Experts

ここまでの手順が完了したら、MT4に導入したいEAのファイル(ex4)を「Indicators」フォルダにコピペして移動させましょう。

「Indicators」のフォルダ内にex4ファイルが移動できましたら、Indicatorsフォルダを閉じましょう。

 フォルダを閉じた後にMT4を一旦閉じます。

MT4の「サインツール」の導入手順はここまでです。

MT4上でサインツールを起動させる

MT4のアイコンをダブルクリックして再起動させましょう。

サインツールが導入されているか確認

MT4の表示画面の左に「ナビゲーター」という表示があります。

MT4サインツールの使い方④

「インジケータ」左にある「+」をクリックすると、インストールされているナビゲーター名が表示されます。

 導入した「ex4ファイル」が入っているはずです。
 もし「ex4ファイル」が入ってなかったら、導入されていないということです。

チャートを表示させる

MT4画面にチャートを表示させましょう。

  1. 「ファイル」から「新規チャート」をクリックします。
  2. 通貨ペア一覧が表示されます。
  3. これから自動売買させる通貨ペアをクリックします。

チャート画面が表示されたらOKです。

チャートにサインツールを反映させる

MT4チャートにサインツールを反映させます。

チャートが表示されたら、ナビゲーターにあるインストールした「ex4ファイル」をチャート上へドラッグ&ドロップします。

メールでシグナルを通知させる方法

Eメール

サインツールの効率的な使い方として、アラートをメールで通知させる方法があります。

スマホなどでも確認することができ、外出先でもサインを受け取ることができます。

詳しい設定方法は、以下の記事をおすすめします。

外部リンクMT4(メタトレーダー4)のメール送信の設定方法

どんなサインツールを使えばいいの?

どんなサインツールがいいの?

サインツールと一言で片付けてもたくさん種類があります。

とりあえず有名で人気のあるサインツールを使ってみるといいでしょう。

サインツールを紹介している記事がありますので参考にしてみてください。

\おすすめ記事/
新着記事