国内FXは勝てない説。3つの大きな理由、海外FXで稼ぐ具体的方法

国内FXを使っていて勝てない、と悩んでいませんか?

逆に海外FXに切り替えてみて勝てるようになったという人も多いです。

国内FXで勝てないのは、大きな理由があるためです。

ここでは、

  • 国内FXで勝っている人あまりいない説
  • 国内FXが勝てない3つの大きな理由
  • 海外FXは危険だから手が出せない?
  • 国内FXで勝てないなら海外FX(勝ちやすい理由)
  • 海外FXで稼ぐ具体的な方法を提案

といった内容について解説しています。

国内FXで勝っている人あまりいない説

国内FXを使って勝ってる人あまりいない説

はたして国内FX口座を使って勝っている人はどのくらいいるのでしょうか?

Twitterで、

  • 証券会社名+「稼げた」

と検索してみてください。
(たとえば、○○M FX+稼げたなどです。)

それらしきツィートはほとんどヒットなしです。

まさに、国内FXが勝てないといったことを示しています。

逆に海外FX会社名+「稼げた」で検索してみると相当数ヒットします。

国内FX会社で勝っている人は、Twitter上ではほとんど現れない少数派です。

国内FXが勝てない3つの大きな理由

国内FXで勝てない3つの大きな理由

国内FXが勝てない大きな3つの理由について解説します。

  • 資金力がないと勝てない
  • 強制ロスカット水準が不利だから勝てない
  • DD方式だから勝てない

資金力がないと勝てない

国内FXのレバレッジ25倍というのは、資金が少ないトレーダーがどうしても勝てない図式です。

レバレッジが低い=証拠金がたくさん必要となります。

たとえばレバレッジ25倍と500倍の証拠金を例で比較します。

レバレッジ25倍:証拠金4万円
だとすると
レバレッジ500倍:証拠金2000円

金額はあくまで例ですが、レバレッジ25倍と500倍の証拠金では20倍もの差が出てしまいます。

もし手持ちの資金が10万円しかなかったら、

  1. 証拠金8万円くらいまでロットを上げてしまう
  2. みるみるうちに資金が減り強制ロスカットされる

というのがたいていの負けパターンです。

たった10万円の資金で国内FXで取り引きしようすると、1回の取り引きで数千円稼ぐのも至難のワザです。

1万円も2万円も稼ぎたいとなると、ついロットを上げてトレードしがちとなります。

国内FXは、豊富な資金力がないとそもそも勝てないです。

強制ロスカット水準が不利だから勝てない

国内FXの場合、強制ロスカット水準がトレードにおいて不利な条件のため勝てないです。

国内FXの強制ロスカット水準
:証拠金維持率50%(が大半)

海外FXの強制ロスカット水準
:証拠金維持率0~20%    

仮に証拠金が4万円だったら、2万円でロスカットされることになります。

しかし海外FXだと、同じロットでも400円(証拠金維持率20%)でロスカットされます。

つまり、資金管理さえ気にしていれば、強制ロスカットの恐怖に震えることはほぼありません。

DD方式だから勝てない

国内FXでは、トレード方式をDD方式にしているため一般トレーダーは勝てないです。

DD方式を簡単に説明すると、インターバンク⇔FX会社⇔トレーダーといったトレード方式になります。

つまり、FX会社が仲介するため、インターバンクの為替データはトレーダーに直接反映されない仕組みです。

詳しくはこちら↓の記事を参考に。
≫ DD方式とは?

DD方式の場合、トレーダーとインターバンク間で価格差が生じると、FX会社には利益や損益が発生します。

そのため、呑み行為(ストップ狩りや価格操作)を行って利益を調整しているといわれています。

DD方式の逆はNDD方式

DD方式ではないトレード方式は、NDD方式といいます。(インターバンク⇔トレーダー)

NDD方式は、インターバンクの為替データそのものでトレーダーが取り引きする方法です。

NDD方式の場合、FX会社はスプレッドと手数料で利益を得ています。

そのため、NDD方式のほうが圧倒的に透明性の高いトレードができます。

多くの海外FX会社はNDD方式に該当します。

海外FXは危険だから手を出せない?

海外FXは危険

海外FXは危険だから手を出せないという人もいますが、そういった考えでは一生稼ぐことは無理です。

ものも考えようで、少ない資金で大きく増やせた時点で出金してしまえば勝ち逃げできます。

結局、

  • 国内FX
    10万円の資金だと増やすのが難しいし時間がかかる
    (溶かしてなくなるかもしれない)
  • 海外FX
    10万円の資金が出金できなくなる可能性もあるが、
    正しいやり方をすれば倍以上に増やせる
    (溶かしてなくなるかもしれない)

それぞれを比較した場合、たったの10万円程度なら資金が無くなるリスクはほぼ同じです。
(そもそも海外FXで出金できなくなるケースは少ない。)

ただし、リターン(期待値)が圧倒的に違います。

現実的には、少ない資金(10~100万円)を使って海外FXで成功している人のほうが圧倒的に多いです。

もし海外FXに抵抗があるのだとすれば、少ない資金にてFXで稼ぐのは10年はかかるので諦めたほうがいいのかもしれません。

国内FXで勝てないなら海外FX(勝ちやすい理由)

海外FXが勝ちやすい理由

国内FXで勝てないなら海外FXで取り引きするほうが勝ちやすくなります。

それも、レバレッジやNDD方式のこと以外にも海外FXで勝ちやすくなる要因があります。

それは、

ということです。

それぞれに関する詳しい説明は、上記リンク先の記事にて解説しています。

簡単にいえば、

  • カスタム性に優れたチャートツールを使い
  • トレーリングストップで負けを回避しやすく
  • キャッシュバックで二次利益を得られる

ということになります。

スプレッドも国内最狭クラス以上に狭くなってきているというのも、海外FXが浸透している理由のひとつです。

海外FXで稼ぐ具体的な方法を提案

海外FXで稼ぐ具体的な方法とは

海外FXで稼ぐための具体的な方法を提案します。

  1. 海外FX口座をTariTali経由で開設する
    キャッシュバックがもらえるようになる
  2. サインツールを入手する
    ポジポジ病が激減させ、勝てるエントリーを極める
  3. デモトレードで練習する
    適切な証拠金に応じたトレードをする
    サインツールを使って勝つ感覚をつかむ
  4. 入金してリアルトレード
    勝つ感覚をつかんだら実践で稼ぐ

基本的に、初心者トレーダーや負けトレーダーにおすすめする方法は上記手順です。

ここでの大きなポイントは、

  • TariTaliに登録する
  • サインツールを入手する

ことです。

TariTaliに登録する

TariTali

TariTaliに登録し、海外FX口座を開設することで取り引きごとにキャッシュバックを得ることができます。

キャッシュバックを得られるようになると、

  • トレードで勝てなくても負けなければいい
    最低でも利益が0円であればいい
  • メンタルが安定しやすくなる

といったメリットがあります。

TariTaliなら支払実績も高く、他にも多くのメリットがあるのでオススメです。

\いままでのトレードが変わります!/

サインツールを入手する

サインツール

サインツールを使うと、ポジポジ病にならず、無駄なトレードが圧倒的に減るというメリットがあります。

サインツールも日々進化しており、使ったことが無い人も驚くほど精度が向上しています。

勝てるトレードの感覚を身につけるためには、海外FX口座と合わせてサインツールを使うべきです。

海外FXで1万円を10万円に、10万円を100万円にすることを目指しましょう。

\人気のサインツールがわかる!/

 投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
新着記事