国内FX業者の呑み行為に注意!DD方式とノミの密接な関係とは?

知る人ぞ知る国内FX業者の深い闇のひとつ、それはDD方式です。

DD方式とはなに?DD方式のデメリットや見分け方は?など謎も多いFX業者のDD方式にスポットライトを当ててみました。

DD方式、NDD方式とは?

DD方式とは、ディーリングデスク方式の略称です。

投資家とFX業者が直接取り引きを行う相対取引になるのがDD方式です。

FX取り引きを行う外国為替とは、本来ならインターバンク市場で取り引きされています。

しかし、DD方式ではインターバンクを介さずに直接投資家とFX会社が取り引きを行います。

DD方式

また、投資家とインターバンク市場が取り引きし、FX会社は仲介されずに手数料をもらうシステムをNDD方式といいます。

NDD方式

DD方式がなぜ闇なのかというと、呑み行為ができるからです。

DD方式の呑み行為とは?

DD方式の1番の呑み行為とは、なんといってもストップ狩りです。

低スプレッドを売りにしておきながら、大きな経済指標発表前などのように、条件が悪くなるとスプレッドを拡大させてストップ狩りをします。

ただし、スプレッドが広がっても問題ないロスカット値であれば対処可能です。

また、悪質なFX会社では、ロット数を上げた途端に急騰・暴落となってストップ狩りされることも一部あったようです。

DD方式の呑み行為は合法?

国内FX業者は、金融庁に正式認可されています。

DD方式が容認されている以上は呑み行為を行ったとしても合法です。

とはいえ、さすがにあからさまに呑み行為行うはずはありません。

原則固定スプレッドの低スプレッドを売りにし、ある一定の悪条件になるとスプレッドを拡大させます。

そして、ストップ狩りという呑み行為をします。

ストップ狩り以外にも、実際の値動きよりも大きく数字を操作し、自分たちの利益にすることもできます。

FX業者によってチャートの値動きにバラつきがあるのはこのためだといわれています。

国内FX業者の深すぎる闇とは?

実は、国内のFX業者はほとんどがDD方式です。

一方で、海外のFX業者はほとんどがNDD方式です。

世界ではNDD方式が当たり前となっています。

業者に緩く投資家に厳しい国内FX環境

現在の日本国内のFX環境は、

  • 国内FX業者に対して規制が緩く
  • 投資家に対しては規制が厳しい

といった現状があります。

たとえば、

  • レバレッジ最高25倍
    (海外は400倍以上)
  • 海外FXは原則禁止
  • DD方式が合法
    (8割以上の国内FX会社が採用)

など

投資家にとって不利な点が多く、海外FX業者を利用する国内トレーダーが多いのも納得できます。

これらの点をふまえると、海外FX業者以上に国内FX業者の闇は深いといえるのではないでしょうか。

また、国内FX業者のレバレッジが低いこととDD方式にも深い関係があります。

DD方式はFX業者の負担やリスクが大きい?

そもそもなぜ国内FX業者に25倍というレバレッジ規制がかかっているのか知っていますか?

レバレッジ規制がかかる以前は、FX業者の倒産が続きました。

実は、DD方式のFX業者というのは顧客から注文を受けた時点でリスクにさらされます。

投資家の利益はFX業者の損失に、投資家の損失はFX業者の利益となります。

投資家の利益

FX業者の損失

投資家の損失

FX業者の利益

当然FX業者からしてみたら顧客は負けてくれた方が都合が良いわけです。

レバレッジ規制がかかった理由とは?

400倍などの高いレバレッジで顧客が取り引きすると、不足分の資金はFX業者が肩がわりすることになります。

特にDD方式においては、それでもし顧客がボロ儲けしたらFX業者は巨額の損失となります。

つまり、DD方式のFX業者にとって高いレバレッジはFX業者にとって倒産のリスクでしかありません。

2011年に25倍というレバレッジ規制がかかったのはこういった事情があります。

2011年以前はレバレッジが高かったため、資金繰りできずに倒産したFX業者もいくつかあります。

現在では国内FX業者のレバレッジは最高でも25倍です。

今では低いレバレッジになったこともあり、FX業者が倒産するニュースは無くなりました。

呑み行為で狙われやすい人

呑み行為で最も標的にされやすいのは、高ロット・高レバレッジで取り引きをする人です。

高いレバレッジは証拠金以外の不足分をFX業者が担保します。

つまり、玉を建てている間は見た目上は資本金が減っています。

リスクが大きい以上は、損失を出したくないのは当たり前です。

もし呑み行為をするなら高いレバレッジで取り引きをする人が狙われやすいでしょう。

特にフルレバレッジで取り引きする人は要注意です。

現在はDD方式でも信頼性は高い?

散々DD方式について批判してきましたが、現在ではひと昔前よりもかなり信頼性は上がっています。

当然FX業者も利益を稼ぐためには新規顧客を獲得しなければならず、評判を落とすわけにいきません。

そのためDD方式のシステムはかなり改善されてきており、むしろNDD方式よりも快適に取り引きできるようになってきています。

重要なのは信頼性の高いFX業者を選ぶべきであるということです。

NDD方式だからといって安心できない?

NDD方式はインターバンク市場の値動きがそのまま反映されます。

かといって、スプレッドは常に変動しますので必ずしもNDD方式が優れているということでもありません。

NDD方式でFX業者が儲かる手段はスプレッドと手数料しかありません。

NDD方式がDD方式のFX業者以上にスプレッドが変動するのも厄介です。

DD方式とNDD方式のメリットデメリット

DD方式とNDD方式にはそれぞれメリットデメリットがあります。

 DDNDD
メリットスプレッド安いノミがない
デメリット呑み行為ある?スプレッド高い

どちらも良し悪しがあります。

DD方式の正しい見分け方

DD方式についてはFX業者が正式に公表していない場合も多いです。

そこでDD方式の簡単な見分け方があるので、紹介します。

  1. 低スプレッドや手数料無料を売りにしている
  2. バイナリーオプションサービスがある

DD方式のFX業者の多くはこのような特徴があります。

原則固定スプレッドと表記があればDD方式の可能性は高いです。

逆に変動制スプレッドと表記されていればNDD方式の可能性が高いです。

また、バイナリーオプションは、DD方式でなければ提供不可能なサービスです。

FX取り引きと併用してバイナリーオプション取引を提供しているFX業者は多いです。

逆にNDD方式のFX業者はFXとバイナリ―オプションを併用して提供していることは見受けられません。

信頼できるFX業者とは?

信頼できるFX業者は、簡単にいえば人気のあるFX業者です。

これはDD方式であろうがNDD方式であろうが同じことです。

たとえば共通認識として、

  • 会社規模が大きい(上場企業、外資系)
  • 口座数が多い
  • 口コミ評判が良い
  • 知名度が高い

といったことが挙げられます。

当たり前のようですが、このような基準でFX業者を選ぶといいでしょう。

呑み行為をされるリスクは少なくなるはずです。

DD方式のおすすめなFX業者

会社規模や知名度などから、おすすめのDD方式FX業者を選別しました。

  • FXトレードフィナンシャル
  • DMM
  • GMO

※あくまで一部です。

国内のNDD方式FX業者は?

国内のNDD方式FX業者について紹介します。

現在国内FX業者でNDD方式だとはっきりわかるのは以下のFX業者です。

  • ヒロセ通商
  • オアンダジャパン

これらの国内FX会社以外はほとんどがDD方式であるといっても過言ではありません。

DD方式もNDD方式も信頼できる業者を選ぼう

DD方式もNDD方式もメリットデメリットはあります。

結論をいうと、方式がどうであれ信頼できるFX業者を選べば問題はないということです。

このページで挙げたFX業者であれば信頼性は高いので問題はありません。

ストップ狩り対策をしっかり行って着実に資産を増やしましょう!

新着記事