FXと株の決定的11の違い。自分に合った投資はどっち?

投資の知識や経験がない方にとってFXと株はどちらも混同されがち。

しかし実際にはFXと株は全くの別物です。

そこで投資を始める前に知っておくべきFXと株の違いを11項目に分けて解説させていただきます。

FXと株の11の違いとは?

FXと株の11の違いを表にまとめました。

 FX
投資対象通貨企業
銘柄約50通貨4,000社以上
値動きの要因世界経済、各国の金融政策など国内経済、企業業績など
値動きの量0.5%〜2%(日)30%(年間)1%〜30%(日)100倍もあり(年間)
レバレッジ(信用取引)25倍約3.3倍
取引時間平日24時間平日9:00-11:30、12:30-15:00
必要な資金量数千円〜数万円〜
板情報・気配値基本的に見られない見られる
金利の受け取り毎日年2回
売買差益以外の利益スワップポイント(金利)配当金、株主優待
システムトレードMT4でカスタマイズ性に優れた自動売買ができる(無料あり)一定の有料ツールで自動売買できる(カスタマイズ性は微妙?)

FXは投資イメージがつきづらい?

FX通貨(国)に対して投資

お金を投資対象とするのはイメージがつきづらいかもしれません。

株式市場に上場している企業が発行している株式に対して投資

初心者なら株のほうが投資対象としてイメージしやすいでしょう。

株式投資の方が銘柄数が圧倒的に多い?

FXよりも株の方が取引可能な銘柄数は圧倒的に多いです。

通貨は現在約50通貨の取引が可能です。

代表的なドル・ユーロ・ポンドの他にも、オージードル・ニュージードル・カナダドル・スイスフランといった各国の通貨が取引可能で、通貨によって値動きの特徴も大きく異なってきます。

株は現在4,000社以上の取引が可能となっています。

様々な企業への投資チャンスがある一方で、投資対象を探すことや値動きの監視がFXと比べるとやや難しくなります。

株の取引ツールに備わっているスクリーニング機能などを活用する必要があります。

値動きの要因はFXのほうが多い?

FXは国内だけでなく海外の経済情勢も値動きに大きく関わっています。

また、各国の中央銀行の金融政策によっても為替レートが変動します。

値動きの要因は株よりもFXのほうが多いといえます。

株は基本的に、国内の経済情勢や企業の業績によって株価が変動します。

ただし、海外への輸出入額に企業の業績が左右されるようなグローバル企業では、国内の経済情勢だけではありません。

輸出入に関連する海外情勢や、為替レートによる影響を受けることもあります。

株は値動きの量が100倍になることも?

FXの値動きは一日辺り0.5%〜2%程度、年間で30%程度です。

一方で株の値動きは一日辺り1%〜30%程度、企業によっては年間でなんと100になることもあります。

FXの値動きは昔と比べるとやや縮小傾向にあり、重要な金融政策の発表などが行われない限りは一日に大きく動くことが少なくなってきています。

FXを取引する場合は後述するレバレッジを上手く活用して取引をする必要があります。

一方で株の場合は、近年のアベノミクス効果の影響もあってFXより大きく動く傾向にあります。

極端なケースでは一年で100倍近い株価になった企業も存在しています。

ただしFXでは後述するレバレッジによって大幅に利益を稼ぐことも可能です。

FXのレバレッジは圧倒的メリット

株と比較した場合に、FX投資の大きなメリットとなるのがレバレッジの存在です。

レバレッジとは、業者に必要証拠金を担保することによって、自己資金を大きく上回った金額を取引することが可能になる仕組みです。

国内FXでは25倍、海外では数百倍のレバレッジを利用することが可能です。

FXの値動きの少なさは、資金量でカバーすることが可能となっています。

チェック証拠金の計算方法と、安全なレバレッジのかけ方とは?

一方で株の場合は、信用取引で自己資金の約3倍までの取引を行うことができます。

FXのレバレッジと違い、「6ヶ月以内の清算義務」や「金利の支払い義務」が発生します。

また、FXではほとんど追証(自己資金を超えた損失)の発生がありませんが、株では追証のリスクがあります。

つまり、借金になるリスクは株のほうが高いです。

24時間取引ができるFX

FXの場合は、基本的に平日であれば24時間の取引が可能となっています。

(世界的に休日となるクリスマスデーなどは市場が閉まる。)

株の取引時間は、東京証券取引所などの株式市場が開いている時間帯に限ります。

1日間2回に分かれております。

  • 前場: 9:00-11:30
  • 後場: 12:30-15:00

例外としては、PTS(私設取引)と呼ばれる夜間取引があります。

サラリーマンや主婦などにFXが人気の理由は、取引時間の自由度が高い点です。

少額投資が可能なFX

FXの場合は、最近少額投資向けの証券口座が増えていることもあり、数千円程度からFX投資を始めることが可能です。

一方で株の場合は、銘柄によって取引に必要な資金量が大きく異なります。

人気のない企業やベンチャー企業などは株価が安い傾向にあります。

基本的に人気の企業ほど株価が高くなるので、十分な取引をするためには数万円から数十万円は必要となってきます。

FXは板情報・気配値を見れない

株は取引をするうえで、板情報や気配値といった情報にもアクセスすることができます。

これらの情報にアクセスすることで、「どの値段にどれくらいの買い注文(売り注文)があるか?」「今買いたい(売りたい)と思っている人がどれくらいいるか?」といったことを見ることができます。

FXは基本的に板情報や気配値を見ることはできません。

しかし最近では、FXでもECN方式の口座(株と同じ注文方式)の口座が増えてきており、ホームページ上で板情報などを公開している証券会社も増えてきています。

毎日金利を受け取れるFX

株が年に2回配当金を受け取れるのに対し、FXでは毎日金利(プラススワップ)を受け取ることができます。

ただし、取引通貨ペアや売買の方向(買いか売りか)によってはマイナス金利(マイナススワップ)が発生します。

逆に金利を支払うことになるので注意が必要です。

チェック南アランド・トルコリラは死亡?対円高スワップ狙いのコツ7つとは?

株は株主優待が魅力

FXでは価格の変動によって得られる利益の他に、スワップ(金利)というものが存在します。

スワップ目的で取り引きされる通貨もあり、南アフリカランドやトルコリラが該当します。

一方で株は、年2回の配当金以外にも企業によっては株主優待を受け取ることができます。

特に大手企業の株主優待は豪華な特典が多く、株主優待目的で取引をするという方も多いです。

FXは自動売買が強い!

FXはMT4というチャートソフトが圧倒的に普及しており、FXの自動売買ツールの豊富さは圧巻です。

一方で株の場合、自動売買できるシステムを提供するサービスはあるものの、基本的に有料で使うものが多く、種類が少ないです。

グローバル市場のFXと違い、株はマーケットが国内メインとなるため、FXに比べると関連するソフトやツールを開発するエンジニアが少ないのが原因です。

また、企業間のシステム開発競争力は強いものの、フリーエンジニアが介入することがあまりないということが自動売買が流行らない原因でもあります。

資産運用としてのシステムトレードが確立されているのは間違いなくFXであるといえるでしょう。

不労所得を目指すならFXかも?

チェックFX自動売買EA詐欺に注意!良いツール選びと勝利の3ポイントとは?

新着記事