FXで勝率70%勝てるおすすめインジケーターの組み合わせは?

FXで勝てるインジケーターをお探しですか?

インジケーターは自分の使いやすいものを使うというのが一番おすすめです。

色々試行錯誤してたどり着いた結果が勝てるインジケーターというわけです。

ですが、今回は僕が試行錯誤してたどり着いたおすすめなインジケーターの組み合わせについて紹介したいと思います。

FXで勝率70%勝てる?おすすめインジケーターの組み合わせは?

僕が実際に使っているインジケーターはこれ。

  • MA
  • ATR
  • ボリンジャーバンド
  • RCI
  • パラボリック
  • Zigzag

「ちょっと多すぎない?」と思ってしまうかもしれませんが、僕にはこれが合ってるみたいです。

ではこれらのインジケーター組み合わせの使い方と役割について説明していきましょう。

MAの使い方と役割

MAは上記画像の矢印で示してある赤い線で、移動平均線と呼ばれています。

MAを利用しているトレーダーは非常に多く、もっともポピュラーなインジケーターです。

僕の使い方としては、トレンド方向を見極めるために使います。

設定は期間を100にします。

ポイントは2つ。

  • 線の上にローソク足があるときは上昇トレンド(の可能性が高い)
  • 線の下にローソク足があるときは下降トレンド(の可能性が高い)

また、線が上向きか下向きかでもすぐにトレンド方向を把握することが可能です。

トレンドを把握するには理由があります。

トレンドの向きとは逆方向にはポジションをとらないようにすためです。

MAは他にも色々な使い方ができますので色々試してみてもいいかも。

ATRの使い方と役割

ATRは上記画像の下にある赤枠の中の青い線です。

ATRはアベレージ・トゥルー・レンジの略称で、買われすぎ売られすぎを変動率で表すインジケーターです。

MT4に標準搭載されているインジケーターなので、すぐにお使いいただけます。

線が下にあると変動が少なく、線が上にあると変動が大きいということを表します。

ですので使い方としては、線が下から上に上がり始めたときにポジションをとる。

これでOKです。設定は特にいじらず標準のままです。

逆に決済するときは、上から下に下がり始めたときが決済を見極めるときです。

ボリンジャーバンドの使い方と役割

ボリンジャーバンドは上記画像の矢印で示してある、緑の3本線です。

このボリンジャーバンドは色々な使い方ができ、とても便利で奥の深いインジケーターです。

ですので僕もこのインジケーターを完全に使いこなせてはいません。

僕の独自のポイントは2つあります。

  • チャートは上と下の線の中だけで80%推移する(ほとんどはみ出ない)
  • 上と下の線は大きく膨らんだり狭くなったりを繰り返す

この2点を抑えるだけでいいです。

使い方としては、

  • 1本のローソク足が急激にはみ出たときはポジションをとらない(反発のリスクあり)
  • 上と下の線が膨らみ始めたときにポジションをとる

これでOKです。設定は特にいじらず標準のままです。

間違った使い方かもしれませんが、シンプルに考えた方がいいと思ってます。

RCIの使い方と役割

RCIは上記画像の赤枠の部分の赤い線です。

下にいると売られすぎ、上にいると買われすぎを示しています。

使い方としては、上にいるときは売りを狙い、下にいるときは買いを狙います。

これでOKです。設定は期間を34にしています。

 ただし注意しなければならないのは、逆張りのタイミングを逃してしまうと負けることです。

そのため、RCIを使う際には、逆張りサインのインジケーターも必要になります。

パラボリックの使い方と役割

パラボリックは上記画像のピンクの点です。

前述では逆張りサインのインジケーターも必要と説明しました。

まさにパラボリックは逆張りサインのインジケーターとして使います。

使い方はとても簡単です。設定は特にいじらず標準のままです。

基本的に、点の位置が変わったら注文のサインです。

ただし、画像を見ればわかると思いますが、点もトレンド方向に向かって動いていきます。

そのため、トレンドとは逆方向にポジションをとらないように注意しなければなりません。

ポジションをとる際のポイントとしては、点の位置が変わった瞬間です。

左の画像を見ればわかりますが、赤丸の箇所で点が変わっています。
ポジションをとるのはこのタイミングです。

Zigzagの使い方と役割

Zigzagは上記画像の矢印で示してある青色のジグザグ線です。

この線は何を示しているのかというと、直近の高値底値を線で結んでいます。

単純に、値動きが視覚的にわかりやすくなるツールです。

使い方としては、

  • 直近の高値底値を確認する
  • パラボリックと合わせて逆張りのタイミングをみる

これでOKです。設定は特にいじらず標準のままです。

直近の高値底値をブレークしなければ、そこが逆張りのタイミングともいえます。

インジケーターは使い方をシンプルに!

僕のおすすめインジケーターの組み合わせ、いかがでしたでしょうか?

インジケーターはたくさん種類があり迷ってしまいますよね。

しかも使い方がわからなかったりするんですよね…

色々使ってみてインジケーターを組み合わせてみるものいいでしょう。

 

新着記事