ThreeTraderとは?スリートレーダーのメリットデメリット超分析!

ThreeTrader(スリートレーダー)がどんな海外FX会社か気になっていますか?

ThreeTraderは、いま注目を浴びている人気の海外FX会社です。

この記事を読むことで、なぜThreeTraderが人気があるのかがわかります。

ここでは、

  • ThreeTrader(スリートレーダー)とは?
  • ThreeTraderの7つのメリット
  • ThreeTraderの4つのデメリット
  • ThreeTraderがおすすめな人

といった内容について解説しています。

\無料登録しないとマジで損!/TariTali

ThreeTrader(スリートレーダー)とは?

ThreeTraderとは

ThreeTrader(スリートレーダー)は、人気急上昇中の比較的新しい海外FX会社です。

口座タイプは2種類あり、特にRawゼロ口座のスプレッドは最小で0.0pipsとなっています。

Rawゼロ口座Pureスプレッド口座
レバレッジ最大500倍
スプレッド0.0pips~0.5pips~
取扱い銘柄数90以上
取扱い銘柄FX, , 貴金属, コモデティ, インデックス、仮想通貨
最低入金額10万円10万円
最小取引単位0.01Lot
取り引きプラットフォームMT4

そんなThreeTraderの人気の秘密は、後発会社だからこそできる徹底したサービス展開にあります。

ThreeTraderのメリットデメリットがわかれば、口座開設したくなるはずです。

ThreeTraderの7つのメリット

ThreeTrader7つのメリット

ThreeTraderの7つのメリットについて解説します。

  • スプレッドが激狭
  • スキャルピングOK
  • 独自のポイントプログラム
  • TariTaliとのWキャッシュバック
  • 入出金手数料が無料
  • 有効期限がないデモ口座が使える
  • サポート担当者の対応がとても良い

スプレッドが激狭

ThreeTrader最大のメリットは、スプレッドがおどろくほど狭いことです。

EURUSD、USDJPYといったメジャー通貨ペアでは、スプレッドが0.0pipsとなることもしばしば見受けられます。

ThreeTraderでトレードするメリットは、すべてのトレーダーに大きな恩恵があります。

スキャルピングOK

ThreeTraderでは、スキャルピングを禁止していません。

さらにストップレベルに制限もないうえに、スプレッドもかなり狭いです。

≫ ストップレベルとは?

ThreeTraderは、非常に優位性の高いスキャルピングトレードができます。

独自のポイントプログラム

ThreeTraderでは、独自のポイントプログラムがあります。

ポイントは、商品や現金と交換することができ、取引するごとにポイントが加算されていきます。

スリートレーダーキャッシュバック

ThreeTraderのポイント制度は、取り引きすればするほどにおトクです。

TariTaliとのWキャッシュバック

ThreeTraderは、TariTaliでもキャッシュバック対応しています。

≫ TariTaliとは?

そのためTariTali経由で口座開設(もしくはTariTaliでIB申請)することにより、

  • ポイントプログラム
  • TariTaliキャッシュバック

によってWキャッシュバックがもらえます。

ThreeTraderは、あらゆる海外FX会社の中でもっともキャッシュバックがおトクです。

入出金手数料が無料

ThreeTraderでは、入出金手数料が無料となっています。

多くの海外FX会社では、入出金手数料がかかる場合が多いです。

いくら入出金をしても損をしないのがThreeTraderです。

有効期限がないデモ口座が使える

ThreeTraderは、口座開設してライブ口座を作ると、デモ口座の無期限アカウントを申請できます。

他の海外FX会社だとデモ口座に有効期限がある場合が多いです。

定期的に手法を検討したいという人にもThreeTraderはおすすめです。

サポート担当者の対応がとても良い

ThreeTraderで口座開設すると、それぞれにサポート担当者がついてメールで案内がきます。

圧倒的なサポート力が、ThreeTraderと他の海外FX会社と大きく異なる点です。

さらに、

  • 日本語も完璧
  • レスポンスが早い
  • 営業時間外の連絡
    すぐに対応はできなくても返信だけはしてくれることもある

といったサポート担当者の対応は海外FX会社の中でも随一です。

きめ細やかなサービス対応がThreeTraderのメリットです。

ThreeTraderの4つのデメリット

ThreeTrader4つのデメリット

ThreeTraderの4つのデメリットについて解説します。

  • MT5は使えない
  • スプレッド激狭口座の最低入金額が10万円
  • ロスカット水準が高め
  • 運営期間がまだ浅い

MT5は使えない

ThreeTraderでは、取り引きプラットフォームがMT4しか使えません。

MT5は使えないので、MT5専用のインジケーターやEAは使用不可です。

MT4しか使わない人にはさほど問題にはならないデメリットといえます。

スプレッド激狭口座の最低入金額が10万円

ThreeTraderでは、スプレッドが狭いRawゼロ口座の最低入金額が10万円からとなっています。

他の海外FX会社と比較すると、最低入金額のハードルはやや高いといえます。

資金が10万円未満の人には、おすすめできない海外FX会社です。

ロスカット水準が高め

ThreeTraderのロスカット水準は、他の海外FX会社と比べるとやや高めです。

たとえばXMトレーディングとロスカット水準を比較すると、

XM:証拠金維持率20%以下
ThreeTrader:証拠金維持率40%以下

となっています。

しかし証拠金を気にして資金管理さえすれば、さほど大きなデメリットではありません。

運営期間がまだ浅い

ThreeTraderの運営期間はまだ浅いです。

運営開始が2021年5月からとなっており、運営実績としてはかなり短いといえます。

実績がまだ乏しい点が、ThreeTrader最大のデメリットといえるかもしれません。

ただし悪評はいまのところまだないので、マイナーな海外FX会社を使うよりも断然信頼性は高いといえます。

ThreeTraderがおすすめな人

ThreeTraderおすすめな人

ThreeTraderがおすすめな人について解説します。

ThreeTraderがおすすめな人は、

  • スキャルピングトレーダー
    取り引きが多ければ多いほどキャッシュバックがおトク
  • 自動売買EAを使う人
    ≫ 自動売買EAランキング
    スプレッドが超狭いのでEA収支が安定しやすい
  • よく負ける人
    Wキャッシュバックでトータル的に勝ちに転じやすい

です。

Wキャッシュバックをもらうなら、TariTali(タリタリ)で口座開設しなければなりませんのでご注意ください。

\Wキャッシュバック口座開設はこちら/TariTali

新着記事