証拠金の計算方法と、安全なレバレッジのかけ方とは?

FXでは証拠金は絶対知っておくべきことです。

証拠金を知らなければ正しい資金管理をすることもできず、FXで勝つことはできません。

もしこれからFXを始めてみたいと思われているなら、どのくらいの軍資金でいくら稼げるのかということを知っておく必要があります。

【質問】0.1円の変動で1000円稼ぐのにいくら必要?

Q.ドル円相場で0.1円変動した場合、1000円稼ぐのにいくら資金が必要でしょうか?

通貨ペア: ドル円  為替レート: 1ドル110円

  • 0.1円/ドル×1000円=10,000ドル
    1000円稼ぐには1万ドル必要
  • 10,000ドルを円に換算する
    10,000ドル×110円=

1ドル110円とした場合、0.1円の変動で1000円稼ぐのに必要な資金は110万円です。

しかし、レバレッジをかけると少ない資金でも110万円と同等の売買取引を行うことができます。

レバレッジは少ない資金で売買できるシステム?

レバレッジとは?
レバレッジとは、

前述の例では、ドル円相場で0.1円の変動で1000円稼ぐためには110万円必要であると説明しました。

しかしレバレッジを利かせると、110万円よりもかなり少ない資金で110万円と同じ取り引きをすることができます。

そして、レバレッジをかけたときに必要な最低資金のことを、証拠金といいます。

レバレッジ取り引きのための担保「証拠金」とは?

証拠金とは?
証拠金とは、

FXは、値動きが非常に小さい投資です。

先ほど説明したとおり、小さい値動きで大きな利益を得るためには巨額の資金が必要です。

しかし、少ない資金で大きく利益を得るためにレバレッジというシステムがあります。

そしてレバレッジを利かせるためには、証拠金という担保が必要になります。

例)レバレッジ25倍の場合
1,100,000円÷25倍=44,000円(証拠金)となります。

つまり、証拠金が44,000円あれば、110万円分と同じ取り引きをすることができるということになります。

証拠金はロット数で変動する?


FXではロットというものがあります。

ロットとは?
ロットとは、

LOTOくじなんかもそうですが、1口200円などといった購入単位がありますよね?

ロットはそれと同じようなイメージです。

ロットを増やすことにより大きな取り引きができるようになり、ロット数に応じて証拠金を調整します。

また、ロットには単位があります。

ロットの単位と証拠金の計算方法とは?

ロットには単位があります。

たとえば、以下のように1ロットにおける通貨数が決まっています。

  • 1ロット1000通貨
  • 1ロット1万通貨

上記ロットの場合の証拠金計算方法を紹介します。

①ロットを円に換算する

ロットを円に換算しましょう。

例)ドル円相場で1ドル110円の場合

  • 1000通貨(ドル)は110,000円
  • 1万通貨(ドル)は1,100,000円

と換算します。

 現在為替レートで計算してください。

②証拠金を計算する

証拠金の計算方法例です。

  • 1000通貨=110,000÷25倍(×0.04)で、証拠金は4,400円
  • 10,000通貨=1,100,000円÷25倍(×0.04)で、証拠金は44,000円
ポイント

ハイレバレッジ=ハイリターンは間違い?

初心者が勘違いしやすいのですが、ハイレバレッジはハイリターンが見込めるというのは間違いです。

ハイレバレッジはより少ない資金で安全に売買できるというのが正しい認識です。

また、正しいレバレッジの運用方法を知らなければすぐに破産し、資金は底を尽きるでしょう。

まずは正しい証拠金の運用方法を覚えましょう!

証拠金は投資資金の5%以内が安全?

FX取り引きでは証拠金は投資資金の5%以内に抑えなければ勝つことが難しいといわれています。

それでもリスクはありますが破産しないような資金管理が重要です。

チェック資金管理方法はFXでは超重要!破産しないテクニックが存在する?

初心者は投資資金の5%以内に証拠金が収まるように心がけましょう。

証拠金の目安(レバレッジ25倍)
  • 資金が100万円なら
  • 資金が10万円なら

    レバレッジ25倍でもロット数で調整すれば問題ない?

    レバレッジはたとえ最高レバレッジ25倍で運用しても、ロット数を調整すれば証拠金を調整することができます。

    たとえば、1ロット1万通貨でも0.1ロットにすれば、証拠金を10分の1にすることができます。

    ロット数を調整して投資資金の5%以内に証拠金を設定しましょう。

    海外業者なら国内業者よりもレバレッジをかけられて少ない証拠金で取り引きできますので、興味があれば合わせて以下の記事をご覧ください。

    チェック海外口座の4大メリットを解説!ハイレバ=ハイリスクは大間違い!

    新着記事