5分足より1時間足、さらにデイトレードで勝てる日足トレード手法とは?

トレードをするうえで欠かせないテクニカル・アイテムである「時間足」。

FX初心者では5分足を利用してトレードしている方が多いのではないだろうか。

しかし実際は1時間足の方が圧倒的に高い勝率でトレードできます。

今回は1時間足を活用するメリットと実際の利用方法をご紹介していきたいと思います。

5分足と1時間足の使い分けと特徴

基本的に時間が長い足になればなるほど「フェイク」が少なくなる傾向があります。

ですから理論的に1時間足を利用したほうがロスカットが少なく、勝ちを確実に積み上げやすくなります。

ただし1時間足の場合、仕掛けるポイントは少なくなるというデメリットも存在します。

ですから日中頻繁にトレードするような専業トレーダーであれば、5分足のほうが使い勝手がよいということになります。

5分足と1時間足の違い

実際に5分足と1時間足ではどのような違いがあるのでしょうか?

具体例を挙げて説明していきたいと思います。

5分足だと?

参考:ドル円5分足チャート

上記はドル円5分足チャートです。

赤の部分で典型的な売りサインである「Wトップ」が出現しています(緑の矢印がネックライン)。

ネックライン割れを起こした青の矢印の部分から、陽線を売っていくのがテクニカル的なセオリーになります。

上記のトレードの場合、111.33売りの111.20買戻しという13銭抜きのトレードになります。

1時間足だと?

参考:ドル円1時間足チャート

上記はドル円1時間足チャートです。

赤の部分で「レンジ(持合い)」相場を形成していることが分かります。

チェックFX初心者必見!持ち合い必勝パターンマニュアルを大公開

レンジブレイクである111.46を抜いたら買いに入るのが相場セオリーになります。

1日以上持合いを続けているため、ブレイク後は一気に112.00円をつけに行くことになりそうです。

上記のトレードの場合、111.47買いの112.00利確という53銭抜きのトレードになります。

5分足と1時間足の戦略は全く異なる場合がある?

上記の5分足と1時間足は同時刻のチャートです。

足が違うだけで売買のスタンスが180度違ってくることがお分かりいただけたでしょうか。

ここで5分足だけを見て売りを続行してしまった場合、底値売りになり大きく担がれてしまいかねないことがお分かりいただけると思います。

さらに5分足を使ったトレードの場合は利益も大きくとりにくいことが分かります。

1時間足を活用して勝ち組投資家になろう!

1時間足を使ったトレードの場合、フェイク(ダマシ)が少ないため確実に勝ちを積み上げやすいことがお分かりいただけたでしょう。

また、仕掛けるポイントが少なくなる半面、大きく幅値を狙えるということも理解できたのではないでしょうか。

勝率・利益の両方が大きくアップする1時間足トレードを活用して、勝ち組投資家の仲間入りをしてみませんか。

新着記事