5分足と1時間足トレードの違い

FX初心者には5分足を利用してスキャルピングトレードしている方が多いのではないでしょうか。

おそらく、早く利益が欲しいという焦りから、チャートに反映されやすい5分足に強い憧れを抱いていることが原因です。

しかし実際は5分足よりも1時間足デイトレードのほうが効率がよいです。

ここでは5分足と1時間足トレードの違いやメリットデメリットを紹介していきます。

1時間足デイトレードは「だまし」が少ない?

フェイク

基本的に時間が長い足になればなるほどチャートによる「だまし」が少なくなる傾向があります。

1時間足を利用したデイトレードのほうが、

  • ロスカットが少ない

といった利点があります。

そのため、勝ちを積み上げやすくなります。

ただし1時間足だと見た目上の仕掛けるポイントが少なくなるというデメリットも存在します。

日中頻繁にトレードする人にとっては、5分足のほうが使いやすいという錯覚に陥りやすくなります。

5分足と1時間足の違いをチャートで検証

5分足と1時間足ではどのような違いがあるのでしょうか?

具体例を挙げて説明していきます。

5分足だと?

5分足と1時間足の違い①

参考:ドル円5分足チャート

上記はドル円5分足チャートです。

赤の部分で典型的な売りサインである「Wトップ」が出現しています(緑の矢印がネックライン)。

ネックライン割れを起こした青の矢印の部分から、陽線を売っていくのがテクニカル的なセオリーになります。

上記のトレードの場合、111.33売りの111.20買戻しという13銭抜きのトレードになります。

1時間足だと?

5分足と1時間足の違い②

参考:ドル円1時間足チャート

上記はドル円1時間足チャートです。

赤の部分で「レンジ(持合い)」相場を形成していることが分かります。

チェック持ち合いとは?持ち合いからブレイクまでのパターンを一挙公開

レンジブレイクである111.46を抜いたら買いに入るのが相場セオリーになります。

1日以上持合いを続けているため、ブレイク後は一気に112.00円をつけに行くことになりそうです。

上記のトレードの場合、111.47買いの112.00利確という53pips抜きのトレードになります。

5分足と1時間足とでは獲得利益も大きく異なる?

利益の違い

時間足が違うだけで売買のスタンスが180度違ってくることがいただけたでしょう。

前述の5分足と1時間足は同時刻のチャートでした。

5分足を使ったスキャルピングトレードの場合は利益が大きくとりにくいことがわかります。

5分足での手法は初心者にはハードルが高く、じつは1時間足デイトレードのほうが効率がよかったりします。

1時間足デイトレードをマスターしよう!

パーフェクト

1時間足を使ったデイトレードの場合、フェイク(ダマシ)が少なくなります。

つまり、

  • 大きく利益を狙える
  • ダマシによる損切りが少ない

ということになります。

さらに、5分足だとひたすらチャートに張り付いていなければなりません。

しかし、1時間足なら1時間に1度みておけばいいわけです。

時間的な効率も1時間足デイトレードのほうがよくなります。

1時間足デイトレード手法をマスターして、効率のよいトレードを行いましょう。

新着記事