FXの税金の仕組みとは?国内と海外口座を比較してみた

FXで儲かってしまったときの税金はどうなるのでしょうか?

実は、その答えは超シンプル。

「小額投資で利益が少なければ海外口座のほうが税金は安くなる」と考えてOKです。

この記事では、それはなぜなのかを理解しつつ、総合課税と分離課税の仕組みをわかりやすくご紹介します。

海外FXの利益に税金はかかる?

もちろん海外FXでも税金はかかります。

「海外口座だし、黙っておけばバレないんじゃ?」なんて気持ちもふとよぎることでしょう。

しかし、バレたときのリスクを考えるときちんと申告しておくのが無難です。

海外FXの申告はそれほど難しいものではありません。

FXで申告漏れすると?…追徴課税や懲役などのリスクがある

海外口座は外国で申告する必要がある?

日本に住所がある方は、日本で確定申告すれば問題ありません。

国内・海外口座ともに、FXで得た利益(正確には雑所得の合計)が小さければ申告は不要です。

給与所得のある会社員:年間利益20万円以下なら申告不要

専業主婦や学生、無職の方:年間利益38万円以下なら申告不要

と基本的には考えてOKです。

国内FXと海外FXは税区分が違う?

海外FXと国内FXでは税率が違います。

海外FXは「総合課税」で計算されるのに対し、国内FXでは「分離課税」が適用されるからです。

総合課税→税率は15%~55%で変動

分離課税→税率は一律20.315%

海外口座(総合課税)では、得た利益が多いほど税率が高くなっていきます。
(税率とは、利益の何%分の税金を支払うかという割合のこと)

国内口座では、分離課税が適用されるので、一律20.315%。

つまり、どれだけ利益を出してもこの税率です。

目安は年間利益330万円

分岐点の目安は「年間330万円」です。

なぜなら、海外FXの税率(総合課税)は、年間利益330万円を超えると税率が30%となるためです。

ただし、会社員の人は330万円に給与も含まれますのでご注意ください。

※2037年までは、これに所得税と復興特別所得税(所得金額の2.1%)が加算されます

※総合課税は会社から得た給与を含んで計算します

海外FXのデメリットは「損失の繰越控除」ができない

「繰越控除」とは、前年度に出してしまった損失を今年度の利益から引くことできる制度です。

例)「前年度-10万円」+「今年度+40万円」=「今年度の申告+30万円」

国内口座では、この繰越控除が過去3年間まで許されています。

しかし海外口座では繰越そのものができません。

国内FXと海外FXを比較する際には覚えておきましょう。

投資資金500万円以下なら海外FXが有力

内容を総括すると「年間330万円」を大幅に上回る利益を毎年安定して出せるのであれば、国内FXのほうが節税効果は高いです。

しかし、そうではないなら、海外FXのほうが税金は安くなる傾向にあります。

海外口座には潤沢なボーナスや、ゼロカット、レバレッジなどの付加価値があるので、「少しくらい税金が高くても」と海外を選ぶ方もいます。

チェック海外口座は初心者にこそおすすめ!意外に驚く7つのメリットとは?

少額スタートなら、なおさら海外口座に優位性があるといえます。

1つの目安として「入金額が500万円以下」であれば、海外FXを選んでみてもいいでしょう。

仮に年利50%で利益発生した場合、年間利益は250万円となります。

これなら国内FXと比較して同等、もしくはそれ以上の節税につながる可能性が高いでしょう。

新着記事