確率統計視点で見る日足チャート勝率アップ分析方法とは?

FXは単純に50%で上がるか下がるかを予想するものではありません。

確立統計によって勝率を50%以上に引き上げなければなりません。

確立統計上有利な方向性がわかれば毎日のトレードでも勝てるようになります。

本記事では日足チャートがデイトレードやスキャルピングトレードで必ず役に立つということについて解説していきます。

確立統計的に有利なトレードとは?

多くの書籍ではFX勝利の法則として、下記のいずれかの条件が必要と記載されています。

  • 勝敗で勝ち越すこと
  • トータルpipsでプラスになること

上記いずれかの条件を達するには、確率統計的に有利なトレードをしていく必要があります。

そのヒントが週足や日足チャートに隠されています。

日足の法則性

日足チャートを見るとある法則性がわかるようになります。

たとえば以下の豪ドル円の日足チャートをご覧ください。

この日足チャートを見るといくつかの法則がわかります。

日足チャートの法則性
  • 陽線や陰線は、連続することが多い
  • 十字線や小陽陰線の翌日以降は変動が大きくなっていく

    陽線や陰線は、連続することが多い?

    陽線や陰線は、週足や日足でも連続して出現することが多いです。

    たとえば以下チャート画像の赤枠部分に注目してください。

    陽線や陰線がいくつも連続している箇所があります。

    十字線や小陽陰線の翌日以降は変動が大きくなっていく

    十字線や小陽線・小陰線が出現した翌日以降は変動が大きくなりやすいです。

    たとえば以下チャート画像の赤枠部分に注目してください。

    十字線や小陽線・小陰線が出現した後に大きなローソク足になっています。

    日足の法則は、FX勝利の法則にあてはまる?

    先ほど示した日足の法則をFX勝利の法則にあてはめるとこうなります。

    • 前日のトレンド方向でエントリーしていくと?
      勝敗で勝ち越すことが可能
    • 十字線や小陽陰線が発生した翌日以降にトレードすると?
      大きく利益を得ることが可能

    これらをデイトレードやスキャルピングに応用すればおのずと勝てるようになるということになります。

    日足1本のローソク足を理解し、変動幅を予測する

    FXで勝つようになる方法を理解したところで、1本のローソク足についても理解しなければなりません。

    なぜなら1日に獲得できるpipsは毎日違うからです。

    たとえば下記は豪ドル円の日足チャート画像です。

    赤枠の陽線について解説します。

    この陽線を拡大しますと次のようになります。
    この日の高値は74.880円、安値は74.360円です。
    つまりこの日は0.520円変動し、約0.400円上昇したということになります。

    このように、日足を確認することでその日のトレンドと値動きを確認することができます。

    これで翌日の値動きや値幅をある程度予測することによりどのくらいの値幅で利確していけばいいかが予測できます。

    デイトレードやスキャルピングトレードでは大いに役立つことです。

    フィボナッチで利確幅を予測

    たとえば、フィボナッチと組み合わせてもいいです。

    • 前日の値動きが大きい→前日の61.8%程度の値動きと予想して利確
    • 前日の値動きが小さい→前日の161.8%程度の値動きと予想して利確

    あらかじめ利確幅を決めておく

    もしくはあらかじめ利確幅を決めておくのもいいです。

    たとえばその日のローソク足が

    • 短くなりそうなら10pips
    • 中くらいになりそうなら20pips
    • 長くなりそうなら30pips

    と確実に利益を獲れるくらいの値幅で利確していきましょう。

    日足チャートはデイトレードやスキャルピングで必須

    日足チャートを日々確認することは、デイトレードやスキャルピングトレードにおいては必ず必要です。

    もし日足チャートの確認をしなければ、その日の値動きに惑わされ、メンタルを破壊されます。

    ぜひ日足チャートを見るクセをつけてください。

    \MT4は本当に最強のツールです!/

    新着記事