RSIの正しい使い方と手法!30%や70%超えでも転換しない?

RSI(アールエスアイ)というテクニカル指標をご存知でしょうか。

正式名称は、「Relative Strength Index」となっています。RSIは英語表記の頭文字です。

RSIを日本語に訳すと「相対力指数」となります。売りの圧力と買いの圧力のどちらが強いかを数値化した指標です。

テクニカル指標には、「トレンド系」と「オシレータ系」の主に2種類があります。RSIは、オシレータ系の代表的な指標です。

今回は、RSIについての説明と実際の相場で役立つ正しい使い方について見ていきましょう。

RSIの「正しい使い方や手法」を理解する

RSIは一般的に70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎ」という見方があります。

オシレータ指標は逆張り指標に用いられることが多いです。

しかし、実際の相場ではどうなっているのでしょうか。

図:RSIが70%・30%になってもトレンドが継続している

上図を見てみると

  • 買われすぎラインの70%超えでも上昇トレンドは継続している
  • 売られすぎラインの30%以下でも下落トレンドが継続している
 このことから、単純に「買われすぎ・売られすぎ」だけで売買を判断すると思わぬ損失となってしまうことも。

正しい使い方や手法を会得しないとRSIは諸刃の剣です。

RSIの計算式を覚えると使い方や手法がわかる

テクニカル指標を理解するためには、計算式を覚えることが一番の近道です。

計算式からテクニカル指標が本来示している意味を読み取ることができます。

RSIの計算式
  • RS = n日間の終値の上昇幅の平均 ÷ n日間の終値の下落幅の平均
  • RSI = 100 - (100 ÷ (RS + 1))

これだとさっぱり分かりません。

計算式だけを見るととても難しくなっていますが、図に表すと次のようになります。

例えば、RSI(期間14:日足):40の時です。開発者のワイルダーは、期間14を推奨しています。

図2:RSIの数値は何を示しているか

上記の図から分かる通りRSI:40から分かることは以下のとおり。

14日間の価格の変動の中で

  • 上昇したのが4割
  • 下落したのが6

ということです。

    つまり、売り勢力が買い勢力よりも強いということが分かります。

    RSIが50であれば、買い勢力と売り勢力が均衡している状態のことを示します。

    RSIの30と70を理解すると正しい使い方と手法がわかる?

    なぜRSI30RSI70がよく知られているのか、例で考えてみましょう。

    RSI:30ということは、N期間のうち7割を下落が占めている状態を示しています。

    つまり、70%も下落していれば修正が入るだろうという考え方です。

    圧倒的売り勢力なので修正がいつ入ってもおかしくないということです。

    ですが、それが本当にトレンド転換するかどうかは別問題です。

    どんどん売りトレンドが続いていくこともありますし、少し修正が入ってさらに下落するということもあります。

    RSI:30、RSI:70になった時点で

    • いつ修正が入ってもおかしくない状態
    • トレンドの転換に用心するべき時

    と考えるのは妥当です。

    しかし、トレンドが実際に転換するかどうかは、この数値だけでは読み取ることができません。

    RSI の数値からわかることは?

    RSIの数値から確実に理解できることは次のとおりです。

    RSIの正しい理解
    • 50以上→買い優勢
    • 70以上→圧倒的に買い優勢(修正が入る可能性が高くなる)
    • 50以下→売り優勢
    • 30以下→圧倒的に売り優勢(修正が入る可能性が高くなる)

    RSIの数値はあくまでもどちらかが優勢であるという目安であるということを理解して使い方と手法を考えなければなりません。

    RSIは相場に合わせて使い分けるのが正しい使い方と手法

    ここまでRSIの基本的な説明をしてきました。

    では実際の相場ではどのように使うのでしょうか。

    現在の相場で

    • トレンド中か?
    • レンジ相場か?

    で使い方や手法は大きく違いが出ます。

    • トレンドが発生すると?

    →RSIなどのオシレータ指標は、上・下に張り付いてしまいます。

    ここでRSIの本当の意味を理解すると使い方や手法が見えてきます。

    • 上記図の左
      50以上の位置にいて買い勢力が非常に強い
      上昇トレンド
    • 上記図の中央
      50をはさんで推移していて買いと売りが均衡
      レンジ相場
    • 上記図の右
      30付近を推移していて売り勢力が非常に強い
      下降トレンド
     このためRSIの数値だけを用いて売買をしてしまうと損失となってしまう可能性が高くなります。

    相場環境を認識し、他の指標も併用して総合的に売買判断を下すことがRSIの正しい使い方と手法になります。

    RSIは「一定期間の中で買い勢力と売り勢力のどちらが強いのか」を示しただけの単純な指標であるということがおわかりいただけたでしょうか。

    RSIの正しい使い方と手法は、他の指標と併用すること!

    30以下・70以上になったからといって、トレンドが転換するという根拠は全くありません。

    おそらく修正が入る可能性が高いから注意するべきだという程度に過ぎません。

    30以下・70以上というのはあくまでも目安として使い、トレンド転換のサインは別の方法を用いると効果的です。

    これからもRSIを正しく理解して、相場で利益を得られるよう使い方と手法を身につけましょう。

    チェックFXスキャルピングで勝率80%で勝つための負けないルールとは?

    チェックスマホでも使える!おすすめ無料MT4インジケーターランキング

    チェックFXで勝率70%勝てるおすすめインジケーターの組み合わせは?

    新着記事