Exness(エクスネス)のメリットデメリット!土日祝日もトレード♪

Exness(エクスネス)がどんな海外FX会社なのか気になっている人も多いでしょう。

Exnessの魅力はなんといっても超ハイレバレッジです。

ここでは、

  • Exness(エクスネス)とは?
  • Exnessの7つのメリット
  • Exnessの3つのデメリット
  • Exnessがおすすめな人

といった内容について解説しています。

Exness(エクスネス)とは?

Exnessとは

Exnessは、老舗ブローカーでありながら、日本では知名度が低かった海外FX会社です。

口座の種類は大きく分けてスタンダードとプロ口座の2種類、その中にさらに3種類、計6種類の口座があります。

ここではスプレッドのもっとも狭いゼロ口座をおすすめし、前提として解説していきます。

スタンダード口座ゼロ口座
(プロ)
レバレッジ200倍~2000倍~無制限
スプレッド0.3pips~0.0pips~
取扱い銘柄数170以上
取扱い銘柄FX, , 貴金属, コモデティ, インデックス、仮想通貨
最低入金額支払い方法による10万円
最小取引単位0.01Lot
取り引きプラットフォームMT4、MT5

Exnessは、2008年に運営開始しているので、世界的な知名度はかなり高いです。

Exnessのメリットデメリットがわかれば、その魅力がきっとわかるはずです。

Exnessの7つのメリット

Exnessの7つのメリット2

Exnessの7つのメリットについて解説します。

一攫千金に向いている

Exnessは、一攫千金に向いている海外FX会社であるといえます。

その理由として、

  • 通常時のレバレッジが2000倍
    (最大無制限まで)
  • ロスカット水準が証拠金維持率0%

であることが挙げられます。

少ない資金でも一攫千金を狙えるのがExnessの強みです。

 さらにそれだけではなく、ある一定の条件を満たすとレバレッジが無制限になります。

Exnessは、ゴールド(XAUUSD)やUS30といったハイボラリティ銘柄で取り引きしやすいのもメリットです。

スプレッドが激狭

Exnessのゼロ口座を使う場合、スプレッドがとても狭くなります。

ただし手数料に関しては、ThreeTraderと比較するとやや高めです。

しかも主要通貨だけでなく、ゴールド(XAUUSD)やUS30といったCFD銘柄のスプレッドも0.0pipsになることもあります。

Exnessを使うことで、トレードの戦略性が広がることは間違いないでしょう。

必要書類は免許証1枚だけでOK

Exnessでは、必要書類は運転免許証だけで口座開設ができます。

他の海外FX会社の場合、必要書類は身分証明書以外に住所証明書も必要です。

Exnessの場合、運転免許証も住所証明書として使えるようになっています。

Exnessのメール内容

出張や旅行などで手元に住居証明書がない場合は、Exnessで口座開設することをおすすめします。

土日祝日も取り引きが可能

Exnessの仮想通貨市場では、土日祝日も休まず稼働しています。

ただし、土日のレバレッジが200倍にまで制限されるため、平日と同じロットで取り引きをすると痛い目をみる可能性もあります。

休みの日もトレードしたい、なんて思っていたらExnessで口座開設するべきです。

入出金手数料が無料

Exnessでは、入出金手数料が無料となっています。

多くの海外FX会社では、入出金手数料がかかる場合が多いです。

いくら入出金をしても損をしないのがExnessです。

ソーシャルトレードでも稼げる

Exnessには、ソーシャルトレードというサービスがあります。

ソーシャルトレードには、

  1. トレーダーとして手数料を稼ぐ
  2. トレーダーに投資して利益で稼ぐ
    いわゆるコピートレード

といった2つの稼ぎ方があります。

しかも手数料だけで1000万円以上も稼ぐトレーダーもいるので夢があります。

ソーシャルトレード

Exnessは、普通にトレードするだけでなく、ソーシャルトレードに参加して稼げるのもメリットです。

専用のスマホアプリがある

Exnessには、専用のスマホアプリがあります。

スマホアプリには、

  • アプリ内で入出金ができる
  • 取り引きをモニタリングできる
  • 無料の分析ツールが使える
  • 注文・決済ができる

といった特徴があります。

Exnessには、トレードの拡張性が高いツールが備わっています。

Exnessの3つのデメリット

Exnessの3つのデメリット

Exnessの3つのデメリットについて解説します。

プロ口座の最低入金額が10万円から

Exnessでは、スプレッドが狭いゼロ口座の最低入金額が10万円からとなっています。

他の海外FX会社と比較すると、最低入金額のハードルはやや高いといえます。

資金が10万円未満の人には、おすすめできない海外FX会社です。

レバレッジ制限がかかる

Exnessは、通常のレバレッジは高いですが一定の条件下ではレバレッジ制限がかかります。

  • 指標発表15分前から指標発表後5分間
    (約20分間)
  • 日本時間で土曜4:00~月曜8:00
    (おおよそ)

上記条件時には、レバレッジが200倍になってしまいます。

Exnessのレバレッジ制限は、注意しておけばさほど問題にはならないデメリットです。

Exnessは対応が悪い?

Exnessについて、対応が悪いといった報告も挙がっています。

たとえば、

  • 口座凍結になった
  • 出金拒否された

といったトラブルが多いようです。

特に、クレジットカード入金による出金トラブルがもっとも危険です。

Exnessでは、BitwalletやStlicpayを使って入出金することをおすすめします。

Exnessがおすすめな人

Exnessがおすすめな人

Exnessがおすすめな人について解説します。

Exnessは、

  • 一攫千金狙いで稼ぎたい人
    ≫ 「天と地のインジケーター」がおすすめ
    最大レバレッジ2000倍
    ロスカット水準が証拠金維持率0%
    ゴールド(XAUUSD)が低スプレッド
    US30(株式指数)が低スプレッド
  • 土日もトレードしたい人
    ≫ 仮想通貨EAなら「PEACE」がおすすめ
    仮想通貨なら土日も稼働
  • ソーシャルトレードでも稼ぎたい人
  • スキャルピングトレーダー
    ゼロ口座ならスプレッド0.0pips
    ストップレベル制限なし
    TariTaliキャッシュバックで稼げる
  • 自動売買EAを使う人
    ≫ 自動売買EAランキング
    ゼロ口座ならスプレッド0.0pips
    ストップレベル制限なし

といった人におすすめです。

Exnessで口座開設する場合は、TariTali経由でないとキャッシュバックは受け取れないので注意しましょう。

\キャッシュバックで稼ごう!/TariTali

新着記事