トラリピが自動で稼げる仕組みは?メリット2つとデメリットを解説

FX手法ではトラリピという注文方法があります。

トラリピは安定的に利益を上げる注文方法として話題になることも多い自動売買です。

トラリピの注文方法、トラリピのメリット・デメリット、トラリピができるFX業者について解説していきます。

トラリピはイフダン注文の繰り返し?

トラリピはトラップアンドリピートの略称です。

トラップ=罠、仕掛け

リピート=繰り返す

トラリピはその名のとおり、注文を仕掛けて繰り返す手法です。

そしてトラリピを理解するうえで欠かせない注文方法が、イフダン注文です。

イフダン注文とは?
指値と逆指値を同時に注文する方法

イフダン注文についてドル円相場でたとえましょう。

例)1ドル100円のとき

相場を上昇と予想した場合・・・99円になったら買いエントリー・101円で決済

相場を下降と予想した場合・・・101円になったら売りエントリー・99円で決済

このような指値注文と逆指値注文を同時に行うことをイフダン注文といいます。

トラリピは、このイフダン注文をリピート(繰り返す)していく手法です。

トラリピのメリットとは?

トラリピのメリットについて解説します。

初心者でもわかりやすい

FXは、基本的に相場を分析してトレードしていく投資です。

テクニカル分析、マルチタイムフレーム分析、ファンダメンタル分析など、さまざまな事象を勘案しながらトレードしていきます。

しかし、トラリピでは初心者には難しい分析手法を重要視する必要はありません。

予想している価格変動幅を行き来している間は、利益が積みあがっていきます。

FX初心者の方に取り組みやすい手法であるといえます。

24時間自動売買できる

FXは、専業トレーダーでない限りは24時間動く為替市場を十分監視する時間はありません。

トラリピは自動売買機能です。

一度設定しておけばチャンスが来たら自動的に決済をしてくれますので、忙しい毎日を送る初心者トレーダーの方には嬉しい機能です。

トラリピのデメリットとは?

トラリピは含み損を抱えやすいのがデメリットです。

トレンド相場が苦手?

トラリピはある一定の値動きで売買しますので、含み損を抱えやすいのがデメリットです。

例えば99円で買い設定をし、101円で売り設定をしていても99円を下回る可能性もあります。

トラリピはレンジ相場には有効ですが、上昇が続くもしくは下降が続くようなトレンド相場には不向きです。

また、天井圏や底値圏でトレンドが転換していく場合や、レンジ相場が崩れる場合なども損失につながるリスクのある手法です。

取り扱いしているFX業者はマネースクエアのみ

トラリピ手法は、マネースクエアというFX業者でのみ実施ができます。

マネースクエアが特許を取得している自動売買手法ですので、他の業者では扱うことができません。

パソコンやスマートフォンアプリでも使いやすいシステムと評判です。

実際に運用してみるとプラスになっているという報告も多く話題の多いトラリピです。

ほったらかしで資産運用したいという方はぜひご利用ください。

  • 初心者に難しい分析はしたくない!
  • 24時間の売買チャンスを逃したくない!
    新着記事