たった1つのインジケーターで勝てる?勝つための手法とコツ

僕は1日1万円勝つようにトレードしてます。

できれば公開したくないですが、僕のトレード手法を一つ公開しちゃいます。

それでもしFXをやってみたくなったら、FXTFで無料口座開設をした方がいいです。

おそらく最後までご覧いただけたら、FXTFの口座を開設したくなるでしょう。

一番下までいくとFXTFのリンクボタンがあります。

もちろんFXTFの口座開設は強制ではないですし、無料ですので詐欺でもなんでもありません。

稼ぐ権利はみんな平等です。

なぜ負けるのかを理解する

これから僕のトレード手法を説明しますが、その前になぜ負けてしまうのかを考えてみましょう。

以下は僕なりに考えたことです。

よく負けてしまう原因
  • 適切なエントリーポイントまで待てない
  • ポジションをとったけどすぐに相場が動かない
  • 予想に反して逆行してしまった

僕はこれまでの経験から、上記のようなことが負けた理由です。

そこで僕は、FXで勝つためにはどうしたら良いかを考えました。

それは、負けてしまう理由を全て解消してしまうことです。

さらに、上記の中でも1番難しいのは、「待てない」ということでした。

待てないというのは、根拠のないのにエントリーすることです。

勝っている人というのは、順張りの押し目や戻り、転換ラインなどまで待つことが多いです。

もちろん僕もそのように心がけていました。

しかし、なかなか待つことができません。

いえ、たとえ待てたとしても、すぐに逆行してしまって負けるということも多かったです。

そうすることが重なると、頭の中は混乱してコントロールができなくなります。

なぜ待つことができないのか?

僕の性格上、待つという行為はあまり好きではないようです。

そこでまずは、なぜ待てないのかを考えてみました。

僕が考えてみた結果、その理由は大きく2つあります。

待つことができない理由
  • 明確なエントリータイミングがわからなかったこと。
  • 自分が待てない性格で、勝てるという意味のない根拠でエントリーしまうクセがあること。

前者については、FXをひたすら勉強して解決できました。

しかし、後者についてはどうしようもありませんよね?

性格をすぐに変えるのは非常に難しいことです。

ではどうやって「待てない問題」を解決すればいいのでしょうか?

それは、それほど待たなくても良い環境でトレードを行うことです。

これから説明することは、

待てない!せっかち!稼ぎたい!

そんな方に読んでいただきたいですね。

トレードする通貨ペア

まず、僕は勝てるようになる前は、ドル円が主体のトレードでした。

しかし、主要通貨ペアを見直してみたところ、待てない病がある程度解消されたんです。

その通貨ペアとは、ポンド円と豪ドル円です。

トレードする通貨ペア
  • ポンド円
  • 豪ドル円
この2つの通貨ペアが僕の主要通貨ペアです。

この通貨ペアを使う理由としては2つあります。

1つ目の理由は、スプレッドが安いことです。

僕が使っているFXTFの口座は、この2つの通貨ペアのスプレッドがかなり安いです。

ポンド円は0.9銭、豪ドル円は0.6銭です。

まずはじめにFXTFの口座開設は必須ですね。

2つ目の理由は、ポンド円と豪ドル円はボラティリティが高いことです。

ボラティリティとは、相場がどのくらい変動したかを示すものです。

たとえば、JFXさんで公開しているこちらの表をご覧ください。

掲載元:https://info.jfx.co.jp/jfxphpapl/volatilityAvg/volatility_hyo.php?stdate=

こちらの表は、相場が平均でどのくらい変動したかを示すボラティリティ表です。

2019年2月の相場ですが、ポンド円と豪ドル円は高い変動率を示唆しています。

ドル円と比較すると1.5倍以上変動します。

ボラティリティがたかい=ハイリスクではない

FXで勝つためには、利益をがっつり稼がなくては面白くないですよね?

ボラティリティが高いということは、それだけ稼ぐチャンスも多いですし、大きく稼げるということです。

もしこれをハイリスクだと捉えている人がいたら、それは大きな間違いです。

なぜなら、FXで負ける大きな原因の1つは、待てずにポジションをとってしまうことです。

変動がしやすい相場というのは、待てずにポジションをとってしまうことが少なくなります。

値動きが速いので、淡々とトレードできるようになります。

逆にボラティリティが高い相場の方がより効率が良いです。

たとえば、下記の例をご覧ください。

たとえば、左の図のようなエントリーしたポイントと、利確したいポイントがあったとします。
下図のような値動きがあった場合、どちらの相場の方がトレードしやすいと思いますか?
僕は②の方がトレードしやすいです。
①に関しては、予想は間違ってないのでしょうが、デメリットが多いです。
果たして利確ポイントまで待てるのか?ということと、時間がかかりすぎる、という点です。

やはり、一気に勝てるボラティリティが高い相場の方が効率がよく、勝ち負けの判断がしやすい、ということになります。

トレードはMT4で!

僕が使っているチャートソフトはMT4です。

トレードはやはりMT4 が一番いいです。

なんといっても簡単ですし、使いやすい!

MT4を使うならFX口座は、FXTFが断然オススメです。

なんといってもスプレッドが安いですし、システム的なエラーが他社に比べてかなり少ないです。

ちなみに僕が使っているトレード手法では、MT4でしか使えないインジケーターが必須です。

 

 

裁量トレードの手法

僕の裁量トレードのテクニックはいたってシンプルです。

僕が裁量トレードするのは、前述のとおりポンド円と豪ドル円が中心です。

理由は、以下のとおりです。

  • 短時間で大きく変動=pipsを稼ぎやすい、スピード感がある
  • pipsを稼げる=レバレッジを上げなくても大きく稼げる
  • レンジ相場も変動が高い=損切りと利確ポイントが明確となる

もっとわかりやすく言うと、ポンド円や豪ドル円は稼げるチャンスがたくさんあります。

ドル円は相場が動くまでとにかく待たなければならない

ドル円の場合、変動値が低すぎるとトレードする気になりません。

レンジ相場で5pips未満をいったりきたりしてイライラした経験はありませんか?

こんなときはせいぜいスプレッド代を稼いで終わりです。

はっきりいって時間の無駄。

僕があくまで目標とするのは、10〜20pipsくらいをできるだけ短い時間でたくさん稼ぐことです。

ドル円でのトレードでは、毎日たくさんpipsは稼ぐのはかなり難しいです。(経験上)

ただ、トレンド相場に転換したときの安定感はありますので、トレンド相場ならドル円での裁量トレードはアリです。

あと初心者さんの練習にはいいかも。

ポンド円、豪ドル円はレンジ相場が多い

ポンド円はレンジ相場が多いというのがキモになります。

レンジ相場は、直近の高値と安値の付近までエントリーポイントを近づけられます。

トレンド相場狙いだと、逆行した場合、損切りポイントが深くなってしまう可能性があります。

そのため、押し目や戻りでのエントリーが鉄則となりますが、それでも損切りポイントは深めになってしまうことが多いです。

レンジ相場なら、損切りポイントをかなり浅く設定でき、利確ポイントも明確です。

たとえば、レンジ相場での高値が102円、安値が100円だとします。

このときに2円以内の範囲であれば、勝率も高く、一定の利益を得ることができます。

ですが、あまり利益を求めすぎるとコントロールがしづらくなります。

なるべくでしたら、高値-安値の半分くらいで利確するといいと思います。

計画的に利益を増やす方法

ポンド円や豪ドル円は多いときだと1時間で50pips以上変動するときもあります。

50pipsだと2万通貨もあれば、1万円くらいの利益が稼げますよね。

計画的に資産を増やすには、ポンド円や豪ドル円が最高の通貨ペアです。

ドル円だとサポートラインやレジスタンスラインまでなかなか近づかなくてイライラしてしまいます。

そして、早めにエントリーしてしまったという経験をされた方も多いでしょう。

レジサポラインまで待てない時点で負けはほぼ確定です…

ポンド円や豪ドルはスピード感があります。

サポートラインやレジスタンスラインまで近づくのが圧倒的に早いです。

となると、せっかちなトレーダーさんにはドル円よりもポンド円の方が向いています。

僕のように。

裁量トレードのテクニカル分析は自分が使いやすいもので

テクニカル分析はあくまで目安として考える指標なので、自分が使いやすいものを使えばいいと思います。

僕の場合は、移動平均線、ボリンジャーバンド、ATRなどを使っています。

ただし、テクニカル分析はそれほど重要ではないんです。

FXトレードで重要なのは、

  • 相場の状態を見極めること
    (上昇または下降トレンドかボックスか)
  • 変動幅を確認しておくこと
  • レジサポラインは明確にしておくこと
  • 大きなトレンド転換の可能性と挙動に注意すること

おおよそこれらを意識することだと思ってます。

プロレベルだと、もっと細かいところも意識しなければなりませんが、まずはこれだけ意識しておけば充分だと思います。

ただし、ATRだけは本当に重要です。

使用する時間足は多めに!

使用する時間足はできるだけ多めに見た方がいいです。

時間足をたくさん見ることで、冷静に判断できるようになります。

たとえば、5分足だけ見てるだけだと、5分足のチャート画面では上昇しているが、1時間足だと下降していた、なんてことも珍しくありません。

そうなると、5分足で見ていた上昇トレンドはすぐに転換する可能性があります。

こうなると、実際のトレンドと逆行してエントリーしてしまうことになり、損益が発生してしまうことになります。

ちなみに、僕の場合はこのように時間足を使っています。

時間足の使い方
  1. 15分足:トレンドかレンジか、相場の状態をチェックします。
  2. 1時間足:変動幅と相場の状態をチェックします。損切り幅が大きすぎるとリスクが高いので、大きな時間足での損切りラインを確認します。
  3. 5分足:レジサポラインを見つけてエントリーポイントと損切り、利確ポイントを定めます。
  4. 1分足:ひげの状態を確認してエントリーします。

基本的に一番多く見るのは15分足です。

ポンド円では15分足だけでも相場の動きは予測できますが、念には念を入れて大きい時間足と小さい時間も併用します。

こんな感じでやってみるだけでも勝率は上がると思います。

ぶっちょのトレード手法

僕のFX攻略術を伝授します。

それは、先ほどから何度も申し上げていますが、ボラティリティを意識することです。

たとえば下記の画像をご覧ください。

画像下のインジケーターはATRで、線が上にいくほどボラティリティが高いということを意味します。

ポイントとしては、ボラティリティが上がるタイミングを見計らって、最適なところでエントリーするということです。

たとえば矢印の位置あたりで線が上を向いています。

このあたりがエントリータイミングとなります。

ローソク足をご覧いただくと、大きな陰線が連続しているのがわかりますよね。

しかし、ただ闇雲にエントリーしても失敗するケースはあります。

相場を見極めるために、ローソク足やボリンジャーバンドなどでテクニカル分析を行いましょう。

もしくはサインツールを使ってもいいと思います。

もう一つ画像例があります。

ATRが上がり始めてから相場が変動していくのがよくわかるかと思います。

裁量トレードのスキルを上げたいなら?

裁量トレードのスキルを上げたいなら、オススメの教科書があります。

それはアドバンスド・ホーミングFXです。

これをひと通り読めば、少なくとも初心者ではなくなります。

また、徐々に勝てる方法やコツを身につけることができます。

この教科書には僕もお世話になりました。

 

トレード成績はこんな感じ

調子が悪い日はマイナス2〜3000円くらいですが、7割以上は1日1万円勝てています。

だいたいこんな感じですが、毎日1万円前後くらいです。

忙しくてあまりトレードできない日でも5千円以上は確実に稼いでいます。

僕はサラリーマントレーダーなので、このくらいでも充分です。

ロット数は全て2万通貨です。

裁量トレードは慣れるまで負けが続くかもしれませんが、諦めずに色々試すことです。

僕も勝てるようになるまで50万円くらい使いました。

もしアナタがFXで勝てないとしたら原因としては、通貨ペアが自分に合ってないのかもしれませんし、知識不足なのかもしれません。

あるいは、意味がないところでポジションを沢山とっているのであれば、メンタルコントロールができていないということです。

自身のクセをよく知ることも重要です。

でも今回僕の手法をご覧いただいた方は非常にラッキーです。

苦労せずに、無料で、簡単に稼げる方法がわかったからです。

また、今回ご紹介したATRというインジケーターは非常に重要です。

恥ずかしい話ですが、僕はこれなしでは勝つことはできません。

ATRを使ってから勝てるようになったという方もたくさんいるくらいです。

そして、このATRというインジケーターが使えるチャートソフトは限られています。

それがMT4であり、FXTFの口座を使っている理由でもあります。

ということで、

  • MT4を使ってない方
  • これから口座開設する方
  • FX初心者の方

これらの方はFXTFの口座を無料で開設した方がいいです。

MT4を使うか使わないかで勝率はめちゃくちゃ変わります。

行動するまでに時間が経てば経つほど、それだけ稼ぐチャンスが無くなります。

1日、2日、1週間…とダラダラ長引かせると、お金をドブに捨てているのと同じです。(本当に)

たぶん一週間もあれば、資金10万円で初心者でも3万円は稼げます。

そのくらいATRは優れたインジケーターです。

ぜひATRを使ってジャンジャン稼いでください。

新着記事